2016 夏・本番。釜山の旅のスナップから^^

7月も、後半戦。日曜日は、まさに熱暑の1日でした。思わず、ビーチのカフェにでも行って、涼もうと1番近い、広安里ビーチに夕方赴くと、海遊びの人は勿論、暑さに叩かれた人達が、沢山、海風にあたりに来ていました。ビーチのほぼ、真ん中にある、カフェスミスで、結構好みのマンゴーとミルクをミックスして淡雪仕立てのカキ氷をトッピングしたデザートと、アイスコーヒーでクール・ダウンしながら、夕暮れに向かうビーチの風景を眺めていました。 CIMG4437 CIMG4438 CIMG4439

広安里ビーチは、釜山の他のビーチにさきがけて、海や大橋の夜景をバックに、数々の催しもので、ビーチを盛り上げてきたところ。日曜の夜は、歩行者天国になり、そこで、フリーマットや、マジック・ショー、ヒップ・ホップ・ダンスや、色々な編成のバンド演奏で、相変わらず、賑やかでした。CIMG4441 CIMG4444 CIMG4445 CIMG4448 CIMG4452 CIMG4453 CIMG4458

ところで、ルーティーンの工場の訪問通訳や、現地の業務仲介以外は、隔週で、釜山・慶州・金海界隈を、専用車を借り切って、ご案内させて頂ました。業務ではありますが、その間にも、色々なところで、釜山界隈の新しい顔が垣間見えて、大変・有意義な旅でした。

両旅とも、グランド・スターレックスを、借り切り、チョッと贅沢ですが、ゆったりと車窓からの景色も楽しんで頂きたく。

金海・伽耶国と、釜山・センタム副都心・広安里・松亭・周遊の旅より

国立金海博物館エンタランス2
鉄器の生産と海洋交易で栄えた「伽耶国」鉄騎兵のモニュメント
金海エリアは、群居していた、伽耶国の中で、金官伽耶(クンガンカヤ)という、小国。
鉄騎兵を持っていて、強かったはずだが・・・
金海市は、伽耶国の掘り起こしにも、近時、かなり力をいれている。

CIMG4345

当時の馬としては、体高の高いアラブ系のような馬に馬鞍にも装飾をほどこしている。馬は、さぞや、重かっただろう(笑)
莫大な日常品も詰まっている、王族の墓
博物館とイベントホールを繋ぐ、中庭。
伽耶国の王族の墓より出土した、数々の埋葬品

CIMG4346

 

CIMG4333

CIMG4332

CIMG4324

伽耶国のイメージをモティーフに、子供たちが描いた絵の数々。

CIMG4329

CIMG4328

CIMG4327

CIMG4326

CIMG4325

 

CIMG4323

CIMG4322

これらの煌びやかな装飾品は、主に、新羅との交流でもたらせらえた物とか。クンガン伽耶は、倭や、さまざまな海洋交易、鉄を売って、他の国からさまざまな調度品を入れて。お后も、当時のインドから迎えたりしている。

CIMG4320

CIMG4319

夕日を浴びる、マリン・シティの高層マンション群・広安里ビーチのランドマーク
夕日を浴びる、マリン・シティの高層マンション群・広安里ビーチのランドマーク
ケントホテル広安里のロビー。
ケントホテル広安里のロビー。
ケントホテルのロビーから見える、広安里ビーチ
ケントホテルのロビーから見える、広安里ビーチ。NCデパート等も運営する、イーランド・グループ系列のケンジントンが、ながらく空きテナントになっていた、広安里のビルを、定評のある同系列の飲食サービスを付帯させて、リノベート。国内外のお客様で、賑わっていました。
2日目は、お客様のリクエストで、新世界デパートの横にできた、新世界センタムシティーモールへ

CIMG4419 CIMG4422 CIMG4420 CIMG4412 CIMG4413

CIMG4416 CIMG4406 CIMG4407 CIMG4395 CIMG4429 CIMG4430 CIMG4431 CIMG4433

その前の週の月・火・水は、ソウルでの学会のあと、せっかくだからと、慶州・釜山観光を思い立たれた、ご夫妻と、KTX新慶州駅での、待ち合わせから、スタートいたしました。

世界遺産ヤンドン民族村を説明している石碑
民族村のなだり
民族村のなだり
民族村の雰囲気
民族村の雰囲気
李氏朝鮮時代の両班(ヤンパン)の家屋
李氏朝鮮時代の両班(ヤンパン)の家屋

業務の合間の更新と、熱暑のためと、言い訳し、不完全な更新ですが、以降、続ということで、暑いけれど、それだから夏。

釜山の夏。

CIMG2232 CIMG2162 CIMG2164 CIMG2165 CIMG2166 CIMG2167 CIMG2168 CIMG2169 CIMG2175 CIMG2218

海の見える観音信仰のお寺・江原道・洛山寺(ナクサンサ)。

釜山から、韓国の北端、江原道(カンオンド)の街にむかう途中の、海水浴場(慶尚北道と江原道の境界近く)
慶尚北道、カニで有名なヨンドクにある、長沙(チャンサ)海水浴場
韓国でも、カニといえば、ヨンドクというくらい、蟹で有名なところ
韓国でも、カニといえば、ヨンドクというくらい、蟹で有名なところ
廻りに、大きな都市がないせいか、海の水が綺麗で、心地よさそうです。
廻りに、大きな都市がないせいか、海の水、空気が澄んでいて、心地よさそうです。

これを、ご覧頂いている、皆様の地域も、お盆を(ここ韓国では、旧暦なので、まだですが)過ぎて、少し熱暑が、和らいでおられるのでしょうか。

ひとつ、お詫びしなければ、ならない事があるのですが、8月13日から17日までに、「お盆を釜山で、支援キャンペーン」は、これまでも何度も、通訳サポートをご利用頂いている、在京の企業さまに急遽、江原道(カンウォンド)での遠征通訳の依頼があり、遂行できませんでした。

これは、後日、この釜山まで、足を運ばれるお客様に対して、何らかの優待キャンペーンをさせて頂くことで、穴埋めさせて頂きます。

ということで、暑さのピーク時に、釜山近郊をお客さまと歩かせて、頂いた後は、さきに書きましたように、江原道、それから、一昨日までは全羅道へと、韓国の北、南と、お声かけ頂き遠征しておりました。

両方とも、日本の農業機器関連会社さまの、技術指導、乃至は、農機具の販売と、韓国の代理店さまに対する講習のサポート通訳です。

韓国は、ご存知のとおり、朝鮮半島の南半分が、国土です。半島ですから、廻りは海。だから海産物が、獲れることは、想像に難くないかもしれませんが、もともと嘗ては、農業国だった名残りが、ちょっと地方にいくと、感じられます。

仕事で、江原道にくことは、初めてでしたので、仕事の合間に、立ち寄った海岸や、釜山の龍宮寺とは、ちょっと趣の違う、建立が610年代という、歴史もあるお寺「洛山寺(ナクサンサ)」の写真を幾枚か、アップさせて頂ます。

その日は、地元の受け入れの方が、急遽バーべキュウで、もてなして、くださいました。
その日は、地元の受け入れの方が、急遽バーべキュウで、もてなして、くださいました。

 

江原道の海のお寺、洛山寺(ナクサンサ)からみた、眼下の海辺
観音信仰で、ご利益の高いといわれるお寺、沢山の人が、参拝にきていました。
観音信仰で、ご利益の高いといわれるお寺、沢山の人が、参拝にきていました。
お寺の本堂へのアプローチ
お寺の本堂へのアプローチ
お寺の裏手には、広い蓮が一面に拡がる池が。
お寺の裏手には、広い蓮が一面に拡がる池が。
ここの、守り本尊である、海水観音像が建つ、水場でお浄め
ここの、守り本尊である、海水観音像が建つ、水場でお浄め
お寺の本堂の中庭
お寺の本堂の中庭
海風が吹き抜ける寺社に、可愛らしい風鈴が。
海風が吹き抜ける寺社に、可愛らしい風鈴が。
光輝く先手観音、600年代後半、唐と新羅の戦の拡大しない事を願った僧の祈りに、応えて現れた観音さま。霊験あらたかな波動が、伝わってくる。
光輝く先手観音、600年代後半、唐と新羅の戦で苦しむ民衆の為、戦の終結を願った僧の祈りに、応えて現れた観音さま。霊験あらたかな波動が、伝わってくる。
守り本尊の海水観音立像・この像の袂にある、ガマ蛙の塑像を撫でて、祈願すると、2つの願いを叶えてくれる伝説が。
守り本尊の海水観音立像・この像の袂にある、ガマ蛙の塑像を撫でて、祈願すると、2つの願いを叶えてくれる伝説が。
お寺には、正門と、裏門がある、裏門への小径
お寺には、正門と、裏門がある、裏門への小径

空気も綺麗で、海の青も気持ちよい上、霊験あらたかなお寺に、参拝する事も、できました。

韓国は、北海道とほぼ同じ広さくらいの国土のなかで、日本に輸出するくらいの量の野菜を生産している実体を、最近続いている地方での、仕事で、感じております。

お寺の袂に拡がる、洛山海水浴場
お寺の袂に拡がる、洛山海水浴場
海水浴場の廻りにある、宿や、海産物店など。
海水浴場の廻りにある、宿や、海産物店など。