「対馬までの海を、カヤックで、一人・漕ぎきった」”冒険家”の記憶 (˘灬˘)

海運台、2014年の5月初夏の海。
この写真は、下記の記事と連関性は、ありません。2014年次に、撮ったものでしたので。

このところの釜山は、本当に、良い天気。そして、天気が良ければ、海の街は、旅情をこのうえなく、醸し出して、しまいます。

私のしている仕事は、ビジネスにしろ、韓国に来られた方の、いろいろな用件での同行通訳にしろ、繰り返し、お使い頂くかたは、ございますが、9割の方は、本当に一期一会となってしまいます。初期にご利用下さったお客様には、もう私が通訳したことの記憶も定かではない方も、おられること、でしょう。

私に関しましても、繁忙だった時、閑散期、試行錯誤期、悟り期(´゚д゚`)・・・と、10年を過ぎ越そうとしていますが、そのなかで、ずっと頭の片隅に残っている、できごとが、あります。

それはその時に、自分が一度は、確約した行政との折衝が難航して、ご依頼のクライアントさまの、達成しようという用件ができなかったら、どうしようと、必至だった事もありますが、その事の意味を顧みれば、なんで、地元のメディアに繋ぐなり、なんなり、モニュメントになる刻印を用意して、差し上げられなかったのか、という後悔と、後から知ることになった、苦闘の挑戦の顛末が、悲劇と紙一重のものだったことを知ったときの、戦慄です。

下記のリンクは、ご本人のBLOGと、それを紹介した冒険家仲間の方の、HPです。もうすでに、4年の月日が流れたこの事を、あらためて、今、取り上げるのは、由なく、この冒険家の方がなんで、ノンサポートで、流れのきついといわれる、対馬海峡・西水道(朝鮮海峡)を、日本人でありながら、釜山のヨット・ハーバーから出立したのか、知って頂たかったからです。

https://bit.ly/2rXRRRw

お友達の冒険家が、「五十嵐 やすゆき さんの、単独・ノンサポート対馬海峡・西水道のシー・カヤック横断」を、紹介したページ 

http://yasufreeman.blog53.fc2.com/category18-1.html

冒険家 五十嵐 やすゆき氏 のHP 「旅する写真館」

2014年といえば、セウォル号事件があった年でもあり、その中で個人でのこういった試みに挑む葛藤は、五十嵐さんのBLOGを読んでいただければ、手にとるようにわかります。

当時、韓国側の出航の許可を業務として請負い、それを果たすことだけに、やっきになっていた私は、五十嵐氏の佇まいから、それ相当のトレーニングを積まれた方なことを、体感で判断しましたので、最終的に、出航のてはずが整ったときには、次の業務も控えていたりしたので、お見送りもできませんでした。

大変なことは、わかっていても、本当に、それがどれほどのものか、知るよしも、ありませんでした。その日、五十嵐さんの到着予定時間から、大幅に過ぎても、到着の報がなかったので、さすがに心配でいても立ってもいられなかったのですが、BLOGを読んで、身震いがとまりませんでした。

「カンさん、もし自分の仲間達に、カンさんのこと、紹介しても、宜しいですか?」といわれた時、「こういう業務は、うーん・・。」と曖昧な言葉が口をついて出たのは、どういう心境だったのか、今も、よくはわかりません。

五十嵐さんは、この挑戦を終えたとき、「これで、刺さっていた小骨がようやく、とれた気がする。」という表現をされておられますが、日本に一番近い海の都市が、今年も、海のシーズンを迎えているさまを、眺める時、そして、これまで海を眺めるときに、いつも、心のどこかにひっかかっていた、

この人知れずなされた挑戦を、今回、お伝えすることで、時代は過ぎていっても、国境はあり、いろいろな制約や立場の違いがあり、でも、戦争や断交などということを回避する、最低限度の見識と良識を人知れず、名もない誰かが担保してるからこそ、だれもがその海に、想いを託すことが、できること等。

ところで、皆さんにとっての、冒険とは、何ですか?

チェジュへ向かう、フェリー。

2016年 2月・釜山のコンベンションの現状から

2月5日頃の、センタム・シティー、ロッテデパートの横から
コンベンション・向いの、私立美術館では、アンディウォーホール展が開催中。
コンベンション・向いの、私立美術館では、アンディウォーホール展が開催中。

2月も半ば過ぎました、いきなり温度と湿度があがり、市中を歩いていても大汗を搔いたと思えば、次の日は、氷点下に冷え込んだり、2月は天候が不安定の日も多かったですが、昨日からは、爽やかな晴天。海運台側のビーチ・サイドのホテルに、お泊りだった方は、対馬までが眺められるような、シチュエーションを、お楽しみになられたのではないでしょうか。

今日・明日は、いつもご利用頂いている、大阪のオーナー経営者さまの、商談通訳&法務関係サポート通訳。韓国での、靴の製造を先代さまの代よりなされている方ですが、日本の規格と韓国の工場との細かい修正のため、頻繁に、私どももご活用頂いております。

これから、ソルラルを迎えるというのに、ちょっと寂しい風情のコンベンション・センター

先日、久しぶりに、センタムのコンベンション・センターに行ってみたのですが、いささか驚いたことが、ありました。「最近、釜山でのコンベンション関係での通訳業務の以来が来ないな・・。」と思っていたこともあったのですが、他地での通訳もあったりしていて、その相関を考える余裕もなかったのです。

地下鉄内などで2年位前までは、盛んにコンベンションの宣伝を見受けたのですが、最近は気のせいか、そういう広告も、減っていた気がしておりました。それで、向かうと、ガランとした佇まいで。第2センターまで、増設されて、いたのに。

ちょっと、寂しい風情では、ありました。コンベンションも、ビジネスである以上、イベントを引いて採算をとることは、大変なことなのかもしれません。が、調べてみれば、ソウルは無論のこと、大邱市(デグにも満たないイベントの誘致状態。

ちょっと、悔しいですね。インフラは、色々と整ってきているのに。そして、釜山の持っている環境のポテンシャルは、決して、恵まれてないものではないのに。

新世界デパート・アイス・アリーナで、スケートに興じる風景を眺めながら、ランチする人々
新世界デパート・アイス・アリーナで、スケートに興じる風景を眺めながら、ランチする人々
冬の広安里の海を、クルーズする、ティファニー21
冬の広安里の海を、クルーズする、ティファニー21
冬の広安里ビーチ
冬の広安里ビーチ
刺身センター側から見た、広安里ビーチ
刺身センター側から見た、広安里ビーチ

過日、韓国の企業に20年以上、日本の企業との取持ち役を務めておられた方(日本の方です)に帯同して通訳に参った際、地元の企業にレクチャーしておられた中で、「物(機械設備)だけではなく、それを活用するソフト(人的・教育)が大切だから、そのこととセットで投資を考えてください。」と何度も、強調されていたのを、思い起こしました。

一時期、日韓の様相が、あまりにも現実を無視して変転していた時、正直、あまりにも利己的な理由で、色々なひとの生活を平気で暗転させる決定をする諸々に、失望にも似た気持ちを抱えておりましたが、そんな折、

NHKのドキュメンタリーで、日本がバブル期に、故郷創生と言って、地方自治体に、当時の政権が自由に使える、1億円のお金を配った時、この釜山の対岸にある、対馬の老境にあったリーダーの方々が、日本から見れば、辺地で日本からの人の訪問が減り、人口も減るなか、若い人達が居残れるような道をつけようと、まだ今ほど交流がさかんでなかった時節に、60キロの海のむこうには400万(当時)の市場(釜山)が、拡がっていると、それを元手に、釜山とのフェリーの定期便を運行する会社を作った。という、話を見て、すごく感動もし、何か、救われる思いもいたしました。

今、エア・プサンは、市中のバス広告の宣伝でも、プサン~札幌直行便、就航を熱心に、告知しています。私には、かつて住みなした忘れられない北海道の道都。雪祭りだけではなく、これから、この釜山からも、これまで以上に、北海道を知る人々が、増えることなのでしょう。

ケーブルTVでも、鳥取・宮城・青森・長崎・沖縄、日本の温泉地と・・などの紹介は、ひっきりなし。

自分達も、努力すべきではありましょうが、釜山として、どんなふうに、場当たり的でない人の誘致をしていくのか、またしているのか、気になるところでは、あります。

新世界デパート地下・入り口
新世界デパート地下・入り口
新世界デパート1階売り場
新世界デパート1階売り場

 

”釜山から対馬” オールひとつで。

真夏の広安里ビーチ・提灯回廊 1

本当に、このブログを最後に更新したのは、いつだったか(笑)。でも、業務をいい加減に扱ったり、ウェブサイトの運営を怠ったっている訳ではありません。

最悪の日韓関係などと、メディアは喧しく、現実この間も、いつも真摯な対応でお世話になっている、冷静な両替商の方が、珍しく「ほんとうに、日本の方が減ってしまったね。」と洩らされるほど、日本からの観光の方は減っている現状のようです。

こんな状況であるから、より実務優先、守秘義務の徹底として、業務でのこぼれ話の掲載を、躊躇していたら、業務の準備と遂行の狭間の中で、今日に到っている次第です。(すごい言い訳だ^^^)

益々、韓国では、ライフスタイルに日本の製品が普段使いされ、甥っ子たちも日本のアニメや、コンテンツの話題も、自分より詳しかったりするのに、その理由や是非はどうあれ、残念なことではあります。

そんな中、この数日、オーストラリアから、この韓国・釜山までこれまで、シーカヤックと自転車で、その間の国々や海を越えてこられたI氏が、対馬にむけて、釜山の海岸から出立する為の、行政とのやり取りを仲介する業務を請け負ってまいりました。

8月13日、あるいは、14日、朝・未明。 ”冒険をしながら、アジアの若者にメッセージを送りたい” Iさんは、釜山・松島海水浴場から、出航します。”I さんの Blog

波穏やかに、クジラが泳ぎ、大マグロが回遊し、鯛やアオリイカ、スズキやヒラメや太刀魚、が群れ遊ぶ、絶景の海を、謳歌して無事、対馬に到着して欲しいと、心より思う次第です。

 

真夏の広安里ビーチ・提灯モニュメント
真夏の広安里ビーチ・提灯モニュメント
犬にとっても、真夏。広安里ビーチ。

PS 出発地は、当局のお達しで、他所へ変更になりました。また、このような私的な冒険の場合は、韓国の国情もあり、安易に実施するのは、容易なことではありません。日本語ブログに書いても、仕方ないこととは思いますが、釜山の関係の諸機関のかたには、色々とお手数・ご苦労おかけいたしました。心より、感謝いたします。

2014年8月13日(水)夜10時過ぎ、I さんより連絡があり、無事、対馬に到着したとのこと。

大韓海峡の速い潮流と、14時間、挌闘の末、たった一人で漕ぎ抜いた、Iさん。本当に、おめでとう御座います。

無事到着の報を、受けるまで頭の中で、http://bit.ly/1kBjTL3 の曲が流れていました。良かった。