田浦カフェ・ストリートの夜と、求む、本物の”和の鉄人”

巷では、韓国の今年の長かった、秋冬休暇も終わり、お客様を迎えにいった、金海空港も海外から帰ってきた人達がごった返していて、市中に向かうためのタクシーが出払い、暫し待つという、もう長い事、この仕事をしていますが、いままでにない状況でした。

加えて、この10月なのに、夏がちょっと戻ってきたような暑さ(汗)。成田から、こちらに来るのに、東京の郊外より、朝4時起き、始発電車に乗られたというお客様も、かなりお疲れのようでした。

前のブログで、西面のことを、書きましたので、NCデパートの近辺から、連なる、田浦カフェ・ストリートの夜の風景をあげて、おきます。東京でいえば、カフェ・ブームの頃の吉祥寺、チョッと髣髴とさせる風情。

すれ違う若い人からの口からは、「今日、日本の・・・から帰ってきて、1週間後また・・へ行く。」とか、聞き耳を立てなくても、「イルボン、イルボン・・・。」と本当に、うるさい位夢中で、話ています。

日本語の看板、天ぷらの専門店、日本の定食のお店、日本ではエスニックのお店に女性が、集まるそうですが、ここでは、新規開業率は、ダントツ、日本の定食のお店。※回転寿司から、次の段階に入っています。

写真では、チョッとわかりずらいですが、日本で4年半位・住んだ札幌で、お気に入りだった「ぷー横丁」グループの倉庫カフェを、思い起こさせるようなお店。

今、本当に腕の立つ料理人の方が、カジュアルな和食屋をここでプロデュースすれば、一人勝ちできる千載一隅のチャンスでしょう(笑)。※若い人の間では、ラーメンはもっと、深いところで、定着の気配が、漂っています。

 

ちらほらと、私どものところにも、釜山での飲食業・開業についての、お問い合わせとかありますが、

これまでの、日本への渡航、滞在で、日本食に慣れ親しんでいる人が、本当に増えているので、「韓国人相手だから、こんなもんで、いいだろ・・。」というような気持ちがチョッとでもあると、口だけは(笑)肥えてきているので、足を救われますが、本気の方で、オペレーションも、クオリティもしっかり日本仕様で、持っていければ、今が、絶好のタイミングかなと、皮膚感覚で思いました。

本当にこれが、ここの真実なのですが、ここに来られていないかたが、読まれたら、ナンセンスな煽り記事書いてるなと、思われるんだろうなぁ。

いかん、いかん、明日も早くから、工場でのお仕事、ごたくならべずに、さっさと寝ま~す。^^

コメントを残す