2018年・1月半ば、今、お伝えしたいこと。”現地業務サポートの日々”

海運台ビーチのNEW YEAR電飾。
同じく、海運台ビーチ。

気がつけば、2018年が(も、ではなく・笑)1月半ばに、なっております。(苦笑)

本当に、昨年中、ご利用頂きました方々は勿論のこと、業務の係わりの中で、お世話になりました方々、また、韓国を、殊に釜山圏へご用向きの皆様へ、心より感謝・御礼申し上げます。当方も、この業務を立ち上げて、足掛け10年目を迎えて、いやがおうでも、様々な局面と向き合い、経験を積んで参りました。何卒、昨年以上に、ご活用賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

韓国は、新年は旧暦が本番ですが、日本のほうは、お正月も遠に過ぎこして、業務モードまっしぐら。仕事の性格上、日本のクライアント様と、韓国の会社、企業様を繋いでいるので、その時差が手にとるように、わかります。

昨年来、7ヶ月余り、日本のクライアントさまを伴って、通っている工場。建物は、一般の民家だったところを繋げて活用しながら、その分野の最先端の機器を備えて、高品質な建設資材製作にかかせない”ダイス”の製造をされています。広安里の大橋を支えるワイヤーは、ここのダイスを使用した、というのが、社長の自慢。
韓国の会社の社長さんが、ずっと意中だった機器を、日本の会社より購入。今、最後の調整作業、たけなわ。

ビジネス現地代行業務を本格化させてからは、日韓の懸案や喧騒に気を配る暇がないほど、日に時には、三桁を越える、事案も業種も夫々全く違う、会社間の業務の遣り取りに、係わらせて頂いており、暮れは31日まで、お正月はもう2日から、クライアントの方々からの、ご指示、お問い合わせ、申し入れ、発送・受け取り確認と、・・暇無しの結果が、今頃の本年はじめての、BLOGの更新と、相成った次第(言い訳もここまで来れば、見上げたもの)です。

今年はなかなかに、ここ釜山も厳冬で、そういう意味では、平 昌・冬季オリンピックを来月に控えて、それらしい雰囲気を醸すうえで良いことかも知れませんが、そういう祭典が形無しに感じられるほど、この半島を巡る懸案?が喧しく、それにともない、日本の会社と、韓国の会社の橋渡しの業務をしている身としては、両国の温度差や世相も十分に、考慮にいれて、業務にあたることを、これまでも、そうでしたが、これまで以上に、心がけております。

関東・関西を主に、日本、全国で、収納、新たな土地活用を提案する、評判のいい企業さまの、備品アイテム。
この会社の、収納スペースは、仕様が良好で評判が良いですが、この製造も。

私どもが、今、サポートさせて頂いているお客様は、日韓双方とも、小から中堅規模の会社が多く、皆さんが本当に必然があって、国を跨いで、ビジネスをされている訳で、日本もアベノミクスで、大企業は株高で、内部留保をかなり膨らませておられたりするようですが、私どもの現場では、今のところ、日本から機械を買われて、生産性を上げようとされている韓国の会社、また、韓国の会社で製品をつくり、日本でそれを使って、サービスの向上やシェア拡大を全国展開で図っておられる会社さまなど、双方向、まさに、それぞれの市場で売り上げを伸ばせば、取引の量やアイテム数も増える、逆ならば、いわずもがなという、真剣勝負の現場。

DHLを使った金型・サンプルの遣り取りから、工業機械では、故障品の修理箇所の把握、修理部品の取寄せ、本体修理の搬送、コンテナの搬出、見積もり、協議、搬出日の想定。それに、トラブルへの対応。実際に、製造業を他国とされておられる方なら、ご存知かとは思いますが、株高やBitcoinバブルで湧く一部の世相とは、真逆な、こてこてにリアルな世界のサポートと、なります。

業務が業務なだけに、守秘義務の固守は絶対であり、加えて、これまでも、日本と韓国で、永らく取引きをされていて、ここ暫くで問題が顕著になって、わたしどもに打開を申し入れられたお客様がほとんどでありますので、業務のアウトソースは、まかり成りません。

業務の手間暇、煩雑さを考えると、なかなか負担は大きいですが、不確定な要素も抱えもつ、日韓の会社が取引をされておられる、これは、私どもにとっても、実に有難いことなのです。ですので、遣り取りをされておられる会社さま、双方から折半のような形で、料金を頂戴することで、会社さまの負担を極力あげないよう、なんとか務めております。

もう何年も、毎年、かならず来られて、地元の親戚の方とチェサをされている、お客様を今年も、山のお墓まで、ご案内しました。

なぜ、今、こんな内輪のことを、大事な私どもにとって、唯一の発信媒体である、BLOGで申すかというと、本当に手前味噌ですが、色々な局面をこなすスキルをつけるために、ビジネス通訳が主業務ではありましたが、個人さまの同行通訳、観光通訳、個人さまの現地代行(翻訳・遣り取り)業務、土地収用、相続関係、国際結婚の婚姻関係の破綻、問題等の仲継、現地親族との係争・関係改善の仲介、厳しく、事が事だけに最後は回収しきれなかった業務までありましたが、ひとつ、ひとつの業務を愚直にこなす中で、日韓という2国間の仲介を行ううえでの、言葉で言い表すのは、難しい匙加減を、いやがおうでも、身につけざるを得なかったからです。

おりしも現在、時代の大転換期を迎えて、それを取り巻く状況・問題も、一括りでは対応できない、加えて、机上での妄想や空論は全く、意味をなさない、やりとりに遅滞やタイミング損を重ねて起こしていれば、一挙に会社の存続にも波及する中小の会社さまにとって、韓国、現地で信頼をおけて、双方のビジネス・コミニュケーションを担保するスキルは、社会一般の認識はどうあれ、いまこそ、必要なことだと、日々業務しているなかで、痛感するからです。

日本の一部の世論のなかでは、韓国との関係に極論を述べられる方も、少なくないようですが、良きに悪しきに、この東アジアが経済を先導する時代なのは、中国はもちろんのこと、極東ロシアや、中央アジアとの交易話も、身近に入ってくる、ここ釜山(釜山港が、入管の手数料や入管手続きのスピード化等、企業努力して、利便性を図り、頑張っていること等もあり。)にあっては、メディアで交わされるマクロな視点の話以上に、日本のクライアントの方が、韓国の取引先との関係の保全と、自社のビジネス機会を損なうことのない取引のバランス、業務の遅滞を回避することにつながる情報を、日夜、携えることしか、頭にないのが現状です。

面白みのない、私どもの業務の話に終始いたしましたが、偶然、このBLOGを読まれているかたは、もとより、韓国の会社との遣り取りのスムーズさを欠き、せっかくビジネス自体は成り立つのにと、懸念されている、または、不安や機会損をされている、お知り合いがおられましたら、当方のことを、お知らせ願えましたら、本当に嬉しいです。

2018年、これまで以上に激動の年になるやも知れませんが、それにめげず、あわよくば逆手にとって、業務を遂行していく所存です^^

ここは、何処?(笑)業務遅滞等で、日本のクライアント企業さまとの関係改善のため、韓国側の社長・専務さんに帯同した折、立ち寄った、スカイ・ツリーの頂上展望台。

コメントを残す