”国捨てびと”の独り言。

昨日来ここ韓国ではウィルス禍の狂騒のなか、人知れずそれ以上の懸案に放り込まれたひと群れの人達、また、家族達がいます。

それは在韓邦人、という人達です。それは、他人事ではなく、私もその家族のひとりであり、これまでもそうでしたが、どこまでこんな事が5GだAIだ、グローカルだパーマネント・トラベラーだという時代に続くのか、いつも仕事を通しても、日常でも、思ってきました。

ネット内では、この間まで、「福岡~ソウル間、往復8,000円、やすっ、日本でセミナーやるより、コスパいいよ。」とか元気に言っておられた方もいました。

昨日は、これは伝聞でしたが、韓国内のTVのインタビューの話だそうですが、観光できた方が、急遽決まった日韓の措置で「日本に、本当に無事入れるのか、緊張しています。」とすごい表情で語っていたそうです。

私どもの業務の歴史の中でも、ついぞなかった類の規制だけに、いい加減な情報で動いたり、伝えたりできませんし、査証に関しては、その国の個別の判断、いわゆる、現場での通達の判断も、対象者によって一律ではないので、他人事でないこともあり、緊張しながら、情報の収集にあたっていました。

家人も自分が日本人であり、当時者という事もさる事ながら、韓国におられる他の方のブログを読み、切実に、また時にユーモラスに、「日本に行って、2週間隔離、韓国に帰って2週間隔離。行って帰って、一ヶ月隔離、とほほ・・「」などと書いておられるのを読んで、励まされていたようでした。

その中でも、やはり、日本にいる親族の方からの一本の励ましの電話、今、日本も大変な状況にいる中でも、やはり家族だから、お互いを案じあう気持ちに、心細さを、紛らされている方が、多くいるようでした。

でも、皆がそうではありません。本当に、それがどこで、何をしている方、すべてにあてはまる事ではありますが、どんな状況で、どんな理由を秘めて、この韓国に渡ってこられたか、わかりません。それは、私たちも、そうでしたが、業務を介して、さまざまな事案に接してきましたので。

私も、家人に、「福岡の船まだ空いてるよ、荷物まとめて、何やってんの。」と言ったら、「俺もうこの身体で、バックパッカーで泊まり歩くとか、放浪するとかできないわ。」と、何言ってるんだかと、呆れていました。

家人には、兄弟がいて、元は外資系企業のマネージャーであり、パートナーは30数か国世界を廻っていることを誇る部下だったそうで、現在はネットビジネスに勤しんでいるようです。

しかし、家人も色んな経緯から、韓国に渡って来て、いつも自分の力不足を叱咤しながら、家族のことを案じているのを見てきました。※3.11の時は、殊にそうでした。でも、この一連の事態の中でも、それだけ海外とのことにも通じていながら、この間、安否のメールも連絡も来ませんでした。

それで、わたしが憤慨していると、「おふくろが、人質になっているから。」と笑っていました。

怒りはそれ自体、あらまほしい事ではありませが、この半島では、なにくそ精神がないと日々をやっていけない事もしかり、負けるな私。

ご精読くださり、有難うございます。ポッチとひと押し、ご協力下されば、幸いです。 <(_ _)>

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


韓国ランキング


釜山ランキング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください