釜山の卸売り市場 自由市場&平和市場

11月を迎えてここ釜山も、めっきり秋越えの風情になり、朝・晩は厚手の上着をひっぱり出すような、冴えた空気が、肌を撫ぜる気候になって参りました。韓国では、連日、政権を巡る騒動が喧しく報道されていますが、私どもは、少しずつ、また、ここに足を運んでくださっている方に、影響が出ないことを、何より望んでいます。

どんなに内需重視とはいえ、喜んで、外国からここに来ていた人を、追いやるようなことをしては、観光立国・を掲げていても、本末転倒になってしまいます。夫々の国には、夫々の事情がありながらも、それはそれ、これはこれと、現地にいる私どものような者が、きちんとリアルな情報を、ここに来られる方に、お伝えすることが、より大切になっていると思っている次第です。

さて、今週は、釜山BEXCOで明日より開かれる、2016・釜山国際シューズ・繊維ファッション展示会の機縁で、釜山でリサーチや面談に来られる、極めて熱心に専門靴&小物のモールを主宰されておられる方を、お連れするするため、こちらの靴関係の知り合いも動員(笑)して、面談先をルーティンの業務の合間に当たっておりました。

中央洞の地下鉄駅の改札の手前にいくと、「ビジネス・トリップ・Busan」 といったような、釜山市の宣伝広告を眼にします。海浜都市の風情と、360万都市の機能を使って、観光とビジネスの役に立てて頂きたい。私どもも、このキャッチを昔よく、使っていたものですが、でも、本当にそれに似つかわしい機能が、ここにはあるのです。

また話が脱線してしまいましたが、今回、お客様のリクエストもあり、地下鉄1号線凡一駅(ポミル)を出れば、広がる、自由市場&平和市場を、久々に下見してきました。感じたことは、当たり前のことでしょうが、モードも現在のトレンドを取り入れて、若い方がやっている店が増えていたこと。本日も、これから、靴製造のパーツの工場に出向いての通訳ですが、完成品の情報の最前線は、知らないことも多いので、しっかり勉強したいと、思っております。

個人のかたでも、オーダーで釜山で靴を作ってみたいとういうようなニーズにも、答えて差し上げれるように。

何せ、靴製造は時代が変遷し、昔のようではないにしても、ここ釜山を培ってきた一大業種でありましたから。

cam000581

朝鮮人参 の 怪(゚Д゚ノ)ノ 

凡一洞(ポミルトン)の路地裏 なんといっても、現地にいて、何かと外を歩き回っているのだから、ブログの更新なんて楽勝だと思っていたのですが、なかなか(笑)ですね。

2日の月曜日は、横浜からのご家族と影島の突端にある、太宗台(テジョンデ)を廻り、昼は、海の見える焼肉屋さんで食事をして、南浦洞・国際市場を廻り、夜は、チャガルチで食事。

水曜日は名古屋からの、女性の韓流好きなお仲間と、梵魚寺を廻り、金剛公園のロープウェーから、秋の紅葉が色付く釜山を眺め、ポミルトンで、鎮市場を廻り、チング通りを抜けて、西面でショッピングという感じで、歩かせて頂ました。 有難いことに、不思議と、お客様と歩く事で、発見することも多いです。

凡一洞(ポミルトン)現代デパート の夜影

例えば、韓国が誇る朝鮮人参ですが、皆さん、これをお勧めすると、身構えられるんです。(笑)

私たち自身が、補身薬に関心が高いし、韓国の朝鮮人参の薬効は、ヨーロッパにおいても有名で、科学的にも折り紙つきなのです。(特に、細胞の若返り効果^^血圧の高い方には、禁忌ですが)

薬膳の研究をしていた事もあり、まがいものを掴まされない自信もあるのですが、「人参は、いかがですか?」というと、これまで、にこやかだったお顔が、一瞬、硬くなるのです。 今まで、日本のお客さんに、どんな商売してきたんだ(笑)韓国のおばちゃん。w(゜o゜)w、ノンダミ・ノンダミ(冗談・冗談)。