黄砂の中・ 釜山ベクスコで、「ウェルビーィング」

3月11日の昨日は、釜山でも雪が降りました。3センチ程の積雪でしたが、甥っ子が行っている、中学校では、臨時休校になりました。流氷が来る、北海道で暮らしていた自分達には、まるで、ジョークのような話でしたが、懸命な選択だなと、内心思いました。いけいけドンドンと走る、釜山のドライバーの気性を考えると、車優先の社会のこの街では、気象の変化は重大な事故を誘発しかねない。日本のニュースを見ても、気象の変動は激しいみたいですが、体調の保全も含めて、皆さん、気をつけてくださいね。

釜山の重要イベントが行われるコンベンションセンター BEXCO
向かいは、新世界デパートと、ロッテデパートが並んでいます。

明けて、12日、今日も不安定な天気ですが、今日は、大阪から来られた、ある会社の方たちと、釜山の新しい重点開発地区センタム・シティにある、コンベンション・センター、BEXCOへ健康食品(ウェルビーイング)関係と、ハウジング関連の見本市へ赴きました。海風が、結構吹き荒れて、埃がすごいと思ったら、黄砂のようでした。

韓国では人気がある、黄土のブロック製の「ミニ・チムジルバン」 免疫があがるという。

黄土(ファント) 健康食品関連の方々だったのですが、海運台に行かれる途中で、コンベンションの事を話すと、行ってみたい!という事になり、天気もすぐれなかったので、急遽、方向転換。すると、調度、韓国の医療および、健康関連の見本市だった訳です。(勉強熱心な方には、こういう運もついて回るのですね・・)これから、お金とともに、最も必然的に関心の高い、健康に生きる為の商品群。私どもも、ここ韓国がどんなアプローチをしてるか興味深く、お伴してみました。

20種類の漢方素材を組みあせて作った石鹸。アトピー用、シミ取り用、頭皮ケア用

さすが、高麗人参と漢方の国だけに、ブースも生薬の匂いで溢れていました。他に、日本人は見当らない中で、同行した会社の方々は健康食品のプロだけに、どのブースでも、熱心に質問され、試供品を試されていました。生薬の名前や、素材、使用法の通訳が多かったのですが、自分にとっての関心事でもあったので、大過なく務めさせて頂きました。

なんといっても、”紅参” エキス・カプセル様々のモノが。市価の30パーセント・オフで。

勿論、漢方系だけではなく、美顔や、エステ関連、または医療法人の宣伝ブース。なかなか、賑わっていました。 同時に見覧した、ハウジング関連では、まさに、日本のトレンドの方向性を追随している感じが、しました。勿論、韓国の独自性もあるのでしょうが、日本の個性のあるメーカーの展示があったら、かなり人気を博すだろうなと、感じていました。ここでは、アウトドア志向の出展のブースが、人気を博していました。し、これよりは、より加速度的に、欧風化が進んでいくことが、はっきり確認できました。

市価の30パーセントoffプライスで、大量の陳列していた、インテリア関連の洋書

4月末に開催される「2010釜山国際モーターショー」の下見の意味でも、有意義でした。お昼は、センタムでランチならここというお店で、昼食^^。コチュジャンが、チョンマル・マシィッソヨ!!お店も綺麗で、お店の方も穏やかで、いうこと無し。

センタム・ロッテ百貨店、道路を挟んで向いの 美味しい お店

特製コチュジャンのプルコギ定食は、お奨め!値段も、リーズナブル ^^

足長・新世代&韓国コスメ

韓流女優 総動員^^ 韓国コスメ各社のパンフ私たちが、ご案内する日本からのお客様も、色々と楽しくショッピングをされて行きます。その中でも、2009年版3種の神器ではありませんが、BBクリームと、岩海苔は別格の優等生です。

日本人に関しては、韓国内で大手を振っている、サムソンや、LGの PC・液晶TV や、国内シェアが(80%)と、言われる・現代グループの自動車も、裸足で逃げ出すほど、外貨を獲得している・・と、言えばいいすぎかな^^。

釜山港のコンテナ作業場で、山と詰まれた辛ラーメンby農心は、本当に圧巻でしたが、こんな身近な場所で、内需・外需どちらも、大切なのを肌に感じられるのも、また、釜山ならでは。

で、いきなり韓国コスメの話。北海道で、薬膳のレストランを運営していた頃から、思ってたのですが、体には・元気&安全が一番。でも、綺麗が加わると、もっと楽しい。来韓のおり、日本から資・堂の化粧品を、お土産に持っていくと、「シシェド」と喜ばれたのは、今は昔。(勿論、今でも人気ありますけど。)

南浦洞や、国際市場などでは、男の自分にも、ひっきりなしに、「 ビビ、クリムいかがですか?」と、声がかかる。で、韓国にきてから、薬膳の研究と併行して、そのBBクリームって、ホンとなんぽのもんじゃいと、なった訳です。だって、お肌には内服する朝鮮人参が極めていいことは、日本でひそかに^^内服を勧めた、40~60位までの方の、お肌や体調の著しい変化で、如実に明らかだったから。(血圧の高い、実証の方は、禁忌です、気をつけて)

そのうち、これまでは全然だった化粧品・全般に関心が湧いていった。 なんせ、ずっと、珈琲の自家焙煎をなりわい、としていた程の凝り性で、疑い性なんで。

これを、読んでいる方も、BBクリームを使っていらっしゃる方、多いと思われます。でも、基礎化粧品は、どうですか?やっぱり、使いなれているものから、変えるのは・・って、思うでしょうね。でも人それぞれに体質が違うから、化粧品っていろいろなバリエーションができる。特に、ここは韓国は、なんせ綺麗が一番のお国柄だから。

通訳ガイド担当のカン・ランニョンが、日本にきた時、「韓国に較べて、中間クラスの価格帯の、化粧品の選択肢がすくないのと、安いのを使うと肌が突っ張る。」と言って、困っていた事を、想い出します。

街の喧騒を、考えると、何がウェルビーイングだ( ゚Д゚)と、悪態をたれていた時期もあったのですが、それは、それ、毎日歩いて、色々な物を見てくると、「なるほどね~。」って思うことも多い、今日この頃です。

ところで、韓流女優、総動員の韓国コスメの、広告合戦です。これも、また、移り変わりの激しい、韓国の広告の女王たち。

youtube で、ご覧ください。

Son Dambi (손담비)~ Crazy (미쳤어)

韓国・足長世代の代表選手 ソン・ダンビ 確かに、2009年は、街を歩くとこの「ネガ ミチョソ~~」ばかり聞こえていた。化粧品では、上級ブランドで、年齢は、20代後半から、40代半ば位が、ターゲットの現代グループのコスメブランド、ENPRANI(エンプラーニ)の顔。でも、10代から、20代前半の女性のトレンド・リーダーだよなぁ。キット。

2008年の今日、この釜山に、降立った訳だけど、その時は、日本でも有名なチャン・ジヒョン(I belive~あっ、昔か・・デイジーとか)と、キム・テヒが、広告を2分していた。

で、2009年は、キム・テヒと、ソン・ダンビが。街の広告を埋めている。