秋冬(チュソク)中も、観光都市・釜山は、しっかり稼動!!

賑わう、チャガルチ場外市場
チャガルチ市場 2
国際市場近くの、韓定食の老舗で、お客様との昼食
丁寧に供されている、ミッパンチャン(및반찬)

業務の兼ね合いで、BLOGをアップするのを遅延しているうちに、ここ釜山は、秋冬(チュソク)の大型連休を迎えております。この時期は、日本でも、大型連休が目白押しであり、日韓関連のビジネスをしている方は、その前、そして、その後の日程を、スムーズにする為、慌しく動かれておりました。

私どもも、荷物の搬入、確認、調整、日本のクライアントさまが、現地で、無駄足を踏まないために、当該・行政機関の方との打ち合わせ、商談・相手先との連絡・段取り組み等、こういう時期だからこそ、慎重に丁寧に、業務を進めておりました。

今は、予約サイトや、予約アプリが大変便利(※例えば、「トラベルコ」とか)になっておりますが、韓国は何と言っても、人の繋がりで動いている社会。こういう繁忙期こそ、受け入れさきの準備でも、地元で、無理をお願いしたりするわけですが、誠意のある対応を、頂いております。

韓国も、日本以上に、短い間に時代が代わっていて、秋冬(チュソク)とはいえ、実家の訪問は、そこそこに、今年は、10日以上の連休になる会社もあるそうで、毎年、更新している訳ですが、過去最大の国外渡航者数となるそうです。

それに対して、海浜観光都市・釜山は、市中に、5つも本格的なビーチを抱え、カフェや、アウトレット・ショッピング・モール、新装のバジェット・ホテルも増えて、便利で快適に滞在できるようになってきてる訳ですが、案外、この状況下・穴場かもしれませんね(笑)何より、気候が最高。海風に醸される、旅情も、本当に気持ちがよく、食欲の秋さながらに、山海の珍味が、在来市場にも、うず高く、積まれております。

少し前に、訪れた、梁山・霊鷲山”通度寺”
大雨の後で、パワーショベルで、復旧作業していましたが、癒される風情でした。

今、世界はどこでもそうでしょうが、釜山も、どんどん変わっていっています。ここの、ビーチやショッピングモールは、週末になると、本当に人で賑わいますが、それは、ビーチの景観保全や向上、交通インフラの整備を、どんどん進めているからです。

ですから、いらしたお客様に、「日本で喧伝されていることとは、全然に違うんですね。」と言われる度、その点で、自分達に、ここが有意義にご利用頂けるよう場所になっていってることを、充分に伝える力がないのが、いささか恨めしいのも、事実です。

松島(ソンド)ビーチ。スカイウォークのみならず、かつて存在した、ロープウェイを、スケルトンの現代仕様で、復活させ、ポート・ビューも、満喫。

2・3日前、私どもの居住エリアから、ほどないところに、釜山の若者・ご用達の繁華街、西面(ソミョン)があるのですが、もともとリニュアルの激しい激戦区ですが、本当に、ラーメンのお店が増えていて、日本語のお品書きで日本のお店・仕様の店内で、若いカップル、男女の友達同士、が、自分達の日常に、既に必須のアイテムとして、当たり前の面持ちで、夫々がオーダーしたラーメンのスープを飲み較べるのを見ていて、これが近未来のここの風景なのだなと、不意に思ってしまいました。

センタムの新世界デパートに、隣接する新世界センタムシティーモール内、サムソンの家電を、新しいライフスタイルに、呼応して展開する、エレクトリック・マート。

 

釜山では、ワンルーム・マンションのアパートの建築もすごく増えていて、その自分の城を彩るインテリアのニーズが、爆発的に広まっています。写真は、インテリア・スピーカー。
韓国でも、ドローンは、様々なところで使われています。色々な種類のドローンが、陳列されています。
何のロボットなのか・・

この秋冬(チュソク)開けには、韓国で展開されている太陽光発電に付随する、より精巧な素材製作の為、必要な特殊機器の設置、稼動の行程のサポート通訳を控えておりますが、本当に一度、釜山にお越しになって頂ければ、或る意味、今が一番自然に、日本の商品を自然な形で多岐に渡って、韓国が受け入れているという事が、戯言ではなく、ご理解頂けるかと思っております。

「エッ、この時期に、何故、韓国へ~。」と思われるむきにも、敢えて、韓国、いや、いや、

釜山へ、ようこそ!!です。 どんどん、秋めいてきましたね^^。

南浦の光復路にある、カカオトークのキャラクター・グッズ・ショップより。日本では、LINE、韓国ではなんといっても、SNSは、カカオトーク。愛想のないキャラの人も、SNS内では、これらのキャラクターが当人になりかわって、泣き・笑い・踊り。現実に、ご当人にお会いすると???とにかく、ショップも盛況です。

 

2013年 新春 静かなセンタム&釜山 今昔

センタム・コンベンションセンター(BEXCO)から、ITパークを望む
センタム・コンベンションセンター(BEXCO)から、ITパークを望む

ここしばらく、企業の方を、コンベンション等にお連れする仕事がなかった為、センタムのコンベンション・センターに来る事がなかったのですが、ここはチョッとこないと、一気に景観が変わっていく、「現状・韓国」の象徴みたいなところです。過日は、日本の企業が300億円を投じて、このセンタ厶に複合商業施設をつくる事が決定したというニュース流れていました。

一昨日、紹介したチャガルチ界隈で、港街の悠久の営みを感じられた後は、やっぱり、このセンタムにチラッとでもお連れする事が多いのですが、コンベンション・センターも第2会場が、通りの向こうまで増設され、釜山映画祭関連施設、また公共機関の旧市街地からの移設が急ピッチで進むこの街にいると、どんどんと開発が進む磁場みたいなものの”昂揚”とういうよりは、カンフルを打って?走り続けるこの国の悲愴さえ不思議に感じてしまいます。もちろん、綺麗で快適な場所が増えていくのは、大歓迎ですが・・。

地下鉄センタ厶駅から、コンベンション・センターへのアプローチ
地下鉄センタ厶駅から、コンベンション・センターへのアプローチ
コンベンション・センター前の、ホテル等のビル群
コンベンション・センター前の、ホテル等のビル群
コンベンション・センター エンタランス(正面玄関)
増設されて、第2センターへのウォーク・スルー入口
増設された、第2センターへのウォーク・スルー入口

 

今日は、新世界デパートにきたついでに、静かなコンベンション・センターを歩きながら、お客様を美術館までお連れしました。一年半振りの、美術館です。先回は、釜山”市立”美術館・・市立?という名称の先入観もあって、さほどの期待もなく訪れたのですが、意に反して、贅沢で静謐な佇まいに、「ここは、穴場だと・・。」ひとりごちていたので、チョッと自信を持って、お連れしました。^^

美術館前の モニュメント
美術館前の モニュメント
ちょうど、釜山ゆかりの 画家の展示をしていました。

平日でしたが、美術を専攻している若い方達が、ちらほらと訪れていましたが、ゆったりとした中に、無料展示ながら、見ごたえもあり、点数も十二分な展示と環境のよさで、久々の文化的な雰囲気を堪能できました。

朝鮮戦争時の、釜山の状況えお描いた作品。

釜山に限らず、韓国の人は絵を描くひとが多いように 思います。とにかく、自分を表現したいという欲求が事のほか強いキャラクターも相まって、韓国のひとにとって絵画は、身近なものなのかもしれません。現代アートから、物故した著名な画家の作品まで、ゆっくり鑑賞できます。昔の東莱や、釜山港の描写等、お連れした場所と照らし合わせながら、お客様には訳知り顔で説明させて頂きましたが、釜山の変遷と当時の困難な状況の中で、アートに夢を見出し描き続けた画家の情熱が静かに伝わってきて、いい時間を過ごせました。

展示作品 2
市立美術館側から見た、センタ厶・コンベンションセンター
市立美術館側から見た、センタ厶・コンベンションセンター

 

2012年 ハイ・シーズン直前の 海の街” 釜山” より

 

途中では、貨物取扱い量・世界5位の釜山の コンテナ集積地なども 見る

本当に、時間が経つのは、アッという間。既に、6月も過ぎ、7月も半ばを迎えようとしている。

それでもソウルや内陸のテグなどが、軒並み30℃を越える中、ここ海の街は湿気こそ、モアッと

してきたが、海風もあり、まだ時に涼やかな夕べを迎えることも、多い。

 

先々週の日曜日には、近代五種で日本から、初めて女子選手として出場する、黒須成美選手の情熱大陸も、無事、日本で放映されたようで、釜山の鬼コーチ(笑)のインタビューに、影島(ヨンド)の体育学校まで、覇気のあるプロデューサーの方と伺った事を、思い出したりしました。

震災で、勇躍、拠点を釜山に移し、慣れない外国でハードなトレーニングを黙々と、こなす”黒須成美”さん。頑張れ~!!黒須成美選手・略歴

ここしばらくは、ある自治体の観光担当の方を伴って、釜山から、昨今、国際音楽祭の主催や南海岸観光の主要地として人気が上がっている、統営(トンニョン)へ事前視察の為、金海空港から、沙上(ササン)にある、新装なった西部バスターミナルより、高速バスで赴むいたり、釜山のセンタムでの、コンベンションに来られる日本の企業の方とのお仕事が、続きました。

閑山大捷祭りにも、使われる、亀甲船
毎週のように、お客様を伴っていく、センタム・シティー。コンベンション・センターの真横にオペラも上演できる公会堂も設置され、こけら落としは、イタリアから招聘。

今年は、LCC(格安航空)元年と言われている。以前、このブログにも残していますが、

LCCは釜山の商工会議所とアシアナが連携した、エア・プサンや、観光客が引きも切らない済州島を起点とするチェジュ空港等、稼働率も好調で、軒並み日本からの便も増便、あるいは他の航空会社の提携で、信頼感も増しているようです。

確かに、過日、ピーチから釜山行のアシアナに乗った時は、「あ~、普通に足を折り曲げられる。」(笑)「普通に機内サービスが受けられる。」と、安堵した訳ですが、一転リピートはと言えば、価格や、一度慣れればネットからも簡単に手続きができる利便性で、一気に定着する事は、間違いないでしょう。

そうなれば、陸路とでは、アクセス・タイムは問題になりません。どんなに、ネット社会で便利になったといえ、やはり人が足を運ばなければならない、観光、そしてビジネスの現場。

統営の港に、停泊展示している、亀甲船内の、李舜臣像
モーター・ショウ会場での、一コマ(サムソン・ルノーのブースだったかな・・)

関空だけでなく、成田からも10月にはエア・アジアが釜山直行を飛ばします。価格のみならず、時間も国内外のラグが、なくなる事でしょう。この3年でビーチが織りなし、山海の食材に恵まれ、天変地異の被害の少ない、釜山は、”インフラが整備されれば・・・”と、申していたのですが、かなりの所にまで、環境を整備してくれました。

今頃、釜山・モーター・ショウの画像・・・備忘ですから。。トヨタのブースより

 

バスの展示も ここでは仕事柄、バスに乗ることも多いので、じっくり見てしまった・・

 

オン・シーズン直前の、広安里ビーチ

これからは、釜山から、海洋EXPOを開催している麗水も含めた、南海等への遠征も多くなりそうです。どうぞ、ハイ・シーズンで、ホテル等の確保が大変なお客様も、ご遠慮なくお問い合わせください。ハイ・シーズンの釜山の活気、圧巻ですよ。。

釜山の海の幸を、供ずる沿岸漁の漁船と、ITパークを擁する
センタム・シティーの絶妙な釜山ならではの、コントラスト

 

 

いやはや・・何とも 釜山 now 2

第17回ITS世界会議釜山2010に、自動車関連ポータルサイト様の通訳として、参加

このところ、たてつづけに、大阪、九州、東京の企業から、通訳のご依頼を頂き、毎日、慌しく過ぎこしていました。日本国内の、失われた10年どころではない、無政府的な営々と続く迷走にたまらず、ここ釜山へも本格的に、生き残り、いや、新たなビジネス・チャンスを探りに、日本のビジネスマンの方が来られています。

釜山は、360万余りの韓国第2の都市とはいえ、国の中枢機能は、9割が首都・ソウル圏に集中しています。機能が集中するという事は、国の予算も、そこに集中する、ということであり、釜山も政府に大声をあげて、働きかけているよう。

だからこそ、釜山のセンタム・シティのべクスコのコンベンション・センターを中心に、様々な民間セクターの国際会議を誘致して、外国からの投資の端緒を掴むべく、努力している。

このたび、東京の自動車情報・総合ポータルサイトさまに同行して、当事務局の通訳カン・ランニョンも参加させて頂いた、ITS(高度道路交通システム)世界会議も、関係者総員3万人の規模で、行われた。ITSの分野で、虎視眈々と次世代のイニシアティブを獲るべく、この分野に造詣の深い、トヨタ自動車(株)の豊田章一郎名誉会長も、直々に来場して、視察されていたらしい。

自分達も、この2年あまり、この釜山訛りの飛び交う海の街を、歩いてきたが、異国で、益して、日本と、複雑な係わりを持つこの国で暮らすと、日本の国がこれまで謳歌してきた生活の質(文化レベルではなく、利便性レベルとして)は、世界の中でも稀有なものであった気もする。

そして、それを維持してきたのは、日本の国の官吏ではなく、まさに民間企業の海外へ賭した、バイタリティであったのではと、この仕事を通して、改めて気づかされる。

韓国のひとに、それを言えば、怒られてしまうだろうが、まさに、韓国ほど、インフラのモデルが、日本を志向している国はない。

近年、相克を抱えながら、一気に交流が加速した日韓。既に、ニトリで廉価な家具を買い、ユニクロの価格やクオリティに慣れてしまった国が、内向きでいることは、ある意味、欺瞞であると言われても、仕方ないことではないかと、ここにきて、慣れない風俗のなか、汗を流している方を見ると思ってしまう。

これからも、本当に力およばずながら、自分達のできる精一杯で、自分、自社のプランを持って、韓国と日本を行き来きするかたの、手助けができればと、不遜で生意気ながら、強く感じいった次第です。

ちなみに、この会議の詳細については、自動車情報・総合ポータルサイト「レスポンス」上で、ご覧いただけます。ここを、クリック=> #mce_temp_url#

PS

それはそれとして(笑)、釜山もこれから、紅葉本番です。韓国のコマーシャルでは、日本の観光広報大使「嵐」が、일본에, 오세요. イルボネ オセヨ (日本へ、いらっしゃい!!)とやっていますが、

どうぞ、これをご覧になっている、あなたさまへは、부산(釜山)에, 오세요. 秋深まる、釜山へ、ふらっと、お越しください。

5月10日 釜山市立美術館。

釜山市立美術館 の エンタランス

ここ釜山も、この頃は晴天が続いていて、暑からず、寒からず、いい気候になっています。先日、大阪から来られた、若いお客様と、センタム・シティで、新世界デパートを回ったついでに、絵がお好きだというので、コンベンション・センターのあるベクスコの横にある、市立美術館にお連れしました。

この新しい市立美術館へは、私自身も、はじめてでした。最近何かと、この新しい商用エリアのセンタム・シティに仕事でも、プライベートでも来る事が増えました。ちょうど、時期がよく、モネ・マチス・ピカソ・コロー・シャガルー等、かなりの出展の催事と聞いてはいたのですが、昔の市立美術館のイメージしかない自分には、どうかな?という一抹の不安も、ありました。

エントランス の モニュメント

なかに入ると、まだぴかぴかで落ち着いた風情の、なかなかいい雰囲気でした。しかも、平常日だった為、お客さんも少なめ^^。ご一緒頂いた方も、「綺麗ですね^^。」と言ってくださいました。

絵も釜山に来てからは、ゆっくり見る余裕もなかった為、思いのほかの本格的な展示に、楽しい時間でした。コローや、クールベ、ドガ、ルノアール、以外にマチスが点数が多く、展示室の雰囲気も落ち着いていて、贅沢な感じ。

特設展は、3階だったのですが、他の階でも同時に、アメリカ現代アート企画展や、日中の現代アートの展示も、ありました。

韓国らしく、アジアの画家の展示も多いのですが、ベトナム画家の素晴らしい作品が、印象的でした。Tu Duyenという方でした。

その後は、同行の方が「お腹空いちゃった・・。」と言うことで、お気に入りの焼肉店での、カルビタン定食で、遅い昼食、

こういうちょっと贅沢で、元気がでる髄のスープを、安価で気軽に楽しめるのは、韓国のいいところ。ちょっと、暫くぶりで、ほっとできる釜山の昼下がりでした。

気候が、いいですね、今の釜山は。

黄砂の中・ 釜山ベクスコで、「ウェルビーィング」

3月11日の昨日は、釜山でも雪が降りました。3センチ程の積雪でしたが、甥っ子が行っている、中学校では、臨時休校になりました。流氷が来る、北海道で暮らしていた自分達には、まるで、ジョークのような話でしたが、懸命な選択だなと、内心思いました。いけいけドンドンと走る、釜山のドライバーの気性を考えると、車優先の社会のこの街では、気象の変化は重大な事故を誘発しかねない。日本のニュースを見ても、気象の変動は激しいみたいですが、体調の保全も含めて、皆さん、気をつけてくださいね。

釜山の重要イベントが行われるコンベンションセンター BEXCO
向かいは、新世界デパートと、ロッテデパートが並んでいます。

明けて、12日、今日も不安定な天気ですが、今日は、大阪から来られた、ある会社の方たちと、釜山の新しい重点開発地区センタム・シティにある、コンベンション・センター、BEXCOへ健康食品(ウェルビーイング)関係と、ハウジング関連の見本市へ赴きました。海風が、結構吹き荒れて、埃がすごいと思ったら、黄砂のようでした。

韓国では人気がある、黄土のブロック製の「ミニ・チムジルバン」 免疫があがるという。

黄土(ファント) 健康食品関連の方々だったのですが、海運台に行かれる途中で、コンベンションの事を話すと、行ってみたい!という事になり、天気もすぐれなかったので、急遽、方向転換。すると、調度、韓国の医療および、健康関連の見本市だった訳です。(勉強熱心な方には、こういう運もついて回るのですね・・)これから、お金とともに、最も必然的に関心の高い、健康に生きる為の商品群。私どもも、ここ韓国がどんなアプローチをしてるか興味深く、お伴してみました。

20種類の漢方素材を組みあせて作った石鹸。アトピー用、シミ取り用、頭皮ケア用

さすが、高麗人参と漢方の国だけに、ブースも生薬の匂いで溢れていました。他に、日本人は見当らない中で、同行した会社の方々は健康食品のプロだけに、どのブースでも、熱心に質問され、試供品を試されていました。生薬の名前や、素材、使用法の通訳が多かったのですが、自分にとっての関心事でもあったので、大過なく務めさせて頂きました。

なんといっても、”紅参” エキス・カプセル様々のモノが。市価の30パーセント・オフで。

勿論、漢方系だけではなく、美顔や、エステ関連、または医療法人の宣伝ブース。なかなか、賑わっていました。 同時に見覧した、ハウジング関連では、まさに、日本のトレンドの方向性を追随している感じが、しました。勿論、韓国の独自性もあるのでしょうが、日本の個性のあるメーカーの展示があったら、かなり人気を博すだろうなと、感じていました。ここでは、アウトドア志向の出展のブースが、人気を博していました。し、これよりは、より加速度的に、欧風化が進んでいくことが、はっきり確認できました。

市価の30パーセントoffプライスで、大量の陳列していた、インテリア関連の洋書

4月末に開催される「2010釜山国際モーターショー」の下見の意味でも、有意義でした。お昼は、センタムでランチならここというお店で、昼食^^。コチュジャンが、チョンマル・マシィッソヨ!!お店も綺麗で、お店の方も穏やかで、いうこと無し。

センタム・ロッテ百貨店、道路を挟んで向いの 美味しい お店

特製コチュジャンのプルコギ定食は、お奨め!値段も、リーズナブル ^^