2012年 春から 初夏へ  釜山は、かまのやま

2月の福岡の、太宰府 にて
関空 釜山から、LCC・ピーチに乗り換えて、千歳行の途中で
4月上旬の札幌・中島公園。大阪は、20度越えで、札幌は吹雪だった・・
大阪 心斎橋・難波の近くが、宿。束の間・散策。。

5月も、後半を迎えました。今年に入ってから、慌ただしくではありましたが、福岡、大阪に2度、遠く札幌に出向く機会が、ありました。すべて、仕事絡みの束の間でしたが、毎日、ここで色々な方と相対しながら日々考えてきた事を、確認するに良い機会でもありました。

これまでの、仕事が一段落して、さてこれから、また、新たな一歩。

本日は、釜山での市場調査に来られた方の同行通訳のあと、影島の太宗台へ、ミニ観光。

影島へ渡る橋から 海の街 数々の入江が続く 釜山ならでは

釜山は、造船の街 影島のドックで、竣工を待つ船舶。
お椀を被せたような山が点在する、だから、”釜山”。中腹まで、びっしり家屋が軒を連なる

 

締めは、海の街、圧巻・海鮮鍋(ヘムルタン)

50歳からの、日本語。

下記・文中の会社とは、全く関係ないですが、凡一洞には、色々な種類の卸が、軒を連ねている。

釜山の問屋街、凡一(ポミル・旧 凡一洞・ポミルトン)。この4月から、日本からの工作機械を扱っている会社で、日本語の短期集中講座を、請け負っている。社会の末端まで、いくつかの大財閥が差配する韓国の社会の中で、その隙間を埋めるように、「韓国の通りで、”社長”と呼びかければ、いっせいに何人もが、振り向く」ほどの、自営業者が、軒を連ねている。

息子さんに事業を継承する為、日本とのパイプをより密接にしたいと、50近くになって、日本語を猛特訓の社長さんが、「円高に進んだので、焦って決済したが、失敗した・・1000万(w)持って行かれた。」と、苦笑いしていた。妹さんに、「兄さんは、20年前から、日本語を勉強すると言っていたけど、今、する事になったんだね。」と言われたり、「その歳になって、なんで、日本語やるの。」と、友人にからかわれたりしているらしいが、本人は、語学の勉強をするのが、楽しいらしい。(会社の若い社員の方も、自発的に加わっている・・・)

一回、2時間の授業の合間にも、かなりのロット(数)の機械の部品の発注を、社員に指示している。下関まで、機械を陸送してもらい、そこで貰い受けて、釜山まで持ってくるという。ただ、現在、今回の震災の為、一度貰い受けた機械を、在庫がないからと、日本の発注元が買い戻す程、機械本体の確保は、逼迫している状態という。

それでも、軍事政権の頃から、ずっと日本の交易を続けてきた経験からか、殺気だつこともなく、授業に没頭されている。

話は逸れるが、韓国で作られている、日本語の教材は極めて、実践的でアプローチもバリエーションも豊富で、本当に感心させられるものが、多い。(興味ある方は、訪韓の折、是非、書店に行かれて、チエックされる事を、お勧めします。)通訳業務の合間の仕事ではあるけれども、これを機会に、できるだけ短期間で、社会人の方が、韓国語・日本語の双方を身につけられる手法を、身に付けることも念頭において、この問屋街のエリアに、暫く、足しげく通うことになりそうである。

仏具の問屋
いったい、いくつあるか、わからない程ある、貴金属卸、小売店。

4月6日(現在)、釜山の桜は、8分咲き。まさに、春・爛漫の、自分達にとって、半島で愛でる3度目の桜である。気負いこそないが、自分達のできることで、日韓の交流や、交易になんらかのことが、できればよいなと、少しく思っている。

外国で咲いても、桜は、桜。 頑張れ、日本・・

長く、新たな、挑戦のはじまり・・

海運台 冬柏公園の 人魚の像

3月11日の、信じられないできごとから、何日が経過したのだろうか。急な仕事が入り、徹夜続きの目に、ニュース速報が入ってきた時は、冗談としか思えなかった。其の後、ここ韓国でも、言葉にもならない、いやこんな姿の日本を、想像だにできない姿の被災地の光景を、終日、放映する日々が続いた。

釜山港や、金海空港からも、日本語で「がんばれ日本」の横断幕を張ったコンテイナーや、物資を格納した貨物が、出立していった。韓国の現代史の中では、異例の光景だと、当局のカンも何度も、驚いていたが、2000年から始まった、韓国と日本との交流促進の過程で、確執がありながらも、厳然と、人や物が行き交った証だと、隔世の感も感じつつ、浮き足だった毎日が続いた。

住む家を失い、昨日まで日常を傍らで共にしてきた伴侶や、子供や親を突然に失い、寒さにうち震え、失くした生活の痕跡を求めて彷徨う人の姿には、大災害を前に先進国も、途上国もない、痛切なリアルと無常をいやが上にも、突きつけられた。その間も、お客様を伴って、海運台や松亭などの、春のビーチを案内しながら、沢山の人々が集う、和やかな波濤と、被災地の映像のギャップに、混乱を禁じえなかった。

日本の災害から1週間後の日曜日、海運台ビーチに憩う人々

今、現在も日本からの避難の為もあって、ここ釜山は小さなモーテルに到るまで、お客様でいっぱいらしい。殊に、ビーチやセンタムの新世界デパート等も、それらしい日本からの外国の人で、にぎわっている。苦肉ではあるが、そんな状況下の中だけに、日本に1番近い外国として、釜山を活用して頂けるのなら、非力な、半島に住む日本人としては、一時の休息の場として英気を養って頂くのを祈るのみである。

信じられぬかもしれぬが、今回の日本の災害は、これまでにないインパクトで、韓国のひとに、捉えられている。もはや、国の枠、云々ではなく、まして、日本だけに起こりうる事案ではない、というのが、心ある韓国のひとの本音ではないだろうか。

自粛は、平時にある人間の役割として、須らく、讃えられるものではないけれども、震災間もなく、釜山近郊の機張の漁港で、永きに渡って続いている、伝統のいわし祭りも、今回の日本の震災で早々にとり止めになった。「同じ、海を糧に生きてきた漁港の街の多くが、あれほどの被害にあった中で、祭りなどできぬ。」と、古老の人達が暗黙のうちに瞬時に、決したそうだ。

昨日立ち寄った、釜山の繁華街西面の、2大書店、栄光図書や教保文庫でも、ここ最近ではないほどの、多くの、年代の端正な眼差しをされた方々が、熱心に日本語の学習書を、選んでいた。

昨年は、北朝鮮に撃沈された天安の喪に服す為に、春の慶尚南道の桜に纏わる祭りは自粛されたが、今年は執り行われるだろう。今、現在は木蓮の白い花が、これからこの市中を埋め尽くす、雲海のような街路樹の桜の露払いのように、咲き誇っている。

 

震災から、ずっと頭の片隅で渦のようにちらついていた、自分達の、第2の故郷ともいうべき、北海道の北・オホーツク、流氷の海の街・紋別。そのながきに渡り、地域の人々にも愛されている地方紙のウェブサイトを覗くと、言行一致で新参者を支援してこられ、国内外を飛び回っておられた(る)デスクのコラムが、日本の中でも地震や天災の少ないところとして、震災した方々の受け入れの準備をすすめよと、力を込めて提言されていた。既に、数組の被災地のご家族が、ほど近い、芝桜観光で有名な滝上という街に入られたそうだ。海の物、山の物に恵まれ、食料自給率200%と言われる北海道の中でも、本当に格別の素材を提供する場所である。

話が逸れてしまったが、そこに住んでいた自分達が良く知り、本当に懐かしく、かけがえのない素晴らしいエリアである。被災地のみならず、今、現在、国難ともいうべき危機のなかで、安全で環境のよい場所をもとめている方がおられるなら、一度、検討に加われてみるのも、いかがかと思う。私たちのような、日韓の夫婦も陰に日向に支えてくださった、多くの、心あるかたの、おられるエリアである。

単に、東北が危ない、東京は・・とかいう状況ではなく、まちがいなく、新たな価値観で生きる場所を、生き方を選ぶ時が、来ていることを、ここにいても、強く感じてしまう。日本は、せまいようで、ここ韓国から見れば4倍強の国土がある。

自己主張も、声も、大きく、「隙間があれば前に、突っ込む」(笑)という半島の風土の中で、言葉はうまくならないのに、ぶつかり合いで鍛えられ、韓国のひとの機微や、優しさ、それは、日本のひとの気配りや、優しさとはまた違うけれども、困難な歴史が培ったコリアン独特の気質。それが、皮膚でわかり始めた今だから、こそ、あえて、国外からの買収だ侵略だということの前に、日本を日本人が、広く使って欲しい・・。

死者不明者が、2万7000人を越えたという。「たちあがろう・日本」の掛け声。本当に、沢山の国内外からの懸命の応援が続いているのを、見る。それでも最後は、被災を乗り越えるのは、一人・一人違う状況の中で、徒手空拳で活路を見出す、ものなのであると思う。政治や国体も大切だが、人間のもつ直感や、意志や集中力や忍耐力が導きだす、知恵みたいなもの。そして、体力。そう体力。

 

 

 

 

 

 

 

G-STAR2010 PCゲームの国だから、熱い!?

ゲームメーカーのアトラクション ブースでの キャラクター実演

はっきりいって、当事務局の両名は、PCゲームでは門外漢だ。こちらにきて、「ゲームは、よくするの?」と聞かれ、「いや、しませんね。」というと、本当に怪訝な顔をされる。任天堂や、Playstation等、ゲームのメッカ(笑)の国から来ているのに、何で?という感じからか、

それとも、街に溢れているPC房でオンラインゲームをする事が、大切な憩い(決して、子供達ばかりでなく)のひとつになっているお国柄のせいか。

中韓のゲームメーカーが、一堂に会したG_STAR2010会場 釜山 べクスコ

今日は、「釜山の面白い場所を」とおまかせ下さった、お客様をともなって、たまたま開催されていた、かなり大規模なPCゲームのイベントに、潜入してみた。

それにしても、このセンタムのコンベンションセンターは、いつも稼動している。短期間の間に、ブースが設置され、また瞬く間に、撤収されるさまは、まさに、ソウルから見れば一地方都市とみなされながちだが、さすがに360万余を擁する釜山の、面目?躍如である。(ちょっと、ありきたりですかね。)

会場入り口

明日の土曜日は、馬鹿混みするのがわかっていたから、平日の今日を狙ってみた。それでも、既に沢山のゲーム慣れした、釜山の若者が大挙していた。

会場 に はいってすぐ の 光景(笑)

とにかく、韓国の甥っ子たちが、空き時間があれば、家のPCはもとより、テストが終わればすぐ、駆け込んでいくのが、オンラインゲームのPCバンだ。勿論、任天堂のゲームも、大人気だが、ケーブルテレビでは、2局も対戦型ゲームの専門チャンネルがある。

そんな韓国のメインストリームとも言える、ゲームのイベントだから、熱気がない訳ないのである。

イベント会場 の 模様 1

日本でも、こういうアニメとか、ゲームとかのイベントに行ったことがないので、どんなものかなとは思っていた。とはいえ、こちらも何といっても、嘗てはゲーセン世代である。永らくのロハス生活(爆)のブランクがあるといえ、なんとはいっても、*チョヌン イルボン サラミ エヨ*である。

楽勝、楽勝とばかり、思っていたけど、会場にはいるなり、の大音響と、瞬く閃光に軽く、眩暈が。

対戦型ゲーム の 公開 実況解説

日本とは、また少しく異なる進展で展開し、PCキーボードを使用する韓国型のゲームと、日本が熟成させてきた体感型のゲームが、渾然一体とかなり広めの会場いっぱいに、展開されている。

色々なブースで、思い思いにプレーする若者 

音楽や、映画なら、今のトレンドをフォローすることもできるが、いかに、ゲームの情動というか、神経に作用するエフェクトと暫く、無縁な生活をしてきたかに、気づかされる。どんな時代でも、その時代が生み出すメディアやツールと、馴れることで新しい技術や、ひいては文化を創ってきたのだろうから、と思うが、ま~それはそれ、人それぞれということで。

大きなプロジェクターで映される、ビジュアル エフェクト

もう、明けてしまったが、今日19日(土)は。かなり人気の、歌手やタレントが来て盛り上がるらしい。「少女時代」ではないようだが(笑)

追伸 おまけ

べクスコの3階には、バイキングのレストランがあるが、地下一階には、イタリアンの綺麗なリストランテもある。ちょっと、小粋な韓国風インテリアショップも。

べクスコ 地下一階 の レストラン
同じく、地下一階の韓国伝統工芸アレンジの インテリア、小物 の 店

握らないで、のせる ?

下記の内容とは、一切関係ありません。 南浦洞のファミレスの、面白い広告。

この間赴いたセミナーとは、別の養成セミナーに通訳のカンは、毎、土曜日行っている。通訳のオファーがあれば休むしかないが、たえず、新たな情報をいれていかなければ業務で、お客様に還元できない。 で、またそこに行けば、思っていなかった、新たな情報に出会えたりする。具体的な話は、もう少し形になってからしたいと思います。

ところで昨晩、日本の会社がノウハウを提供したという、回転寿司の店に行ってきた。根っからの寿司好きのせいか、「韓国で、寿司なんかたべなくても。」と強情を張ってこれまで、ほとんど一度も食べなかったのだけれど、さすがに辛抱たまらなく、行くことにした。

看板が、ハングルだという以外は、まさに店のファサードから、日本の回転寿司!!という感じで、お客さんは勿論、全部地元の韓国人というなか、システムの説明も接客も、いわゆる日本の飲食チェーンの雰囲気そのまま。一皿、1500won均一という料金体系は、各百貨店にある回転寿司コーナーよりは、割安の設定。で、特徴は、握る人がいない。全て、学生アルバイトとおぼしき裏方が、載せるのである。昔、シドニーで行った華僑経営の回転寿司では、ワーキング・ホリデーの日本人の学生が、とんでもない不慣れな手際で、握っていたのだが、それさえもない。

寿司自体は、外国なのだから、評価をするのは割愛するけれど、ここまで人件費を下げたいのかなと、思ってしまった。とにかく、超高学歴社会から生まれてくる発想を、垣間見る気がした。

帰りに、自分が日本人だと気づいて、寿司についての意見を求められたが、しゃりについて触れただけで、店を後にした。お客さんの入りは、悪くないし、ビジネスという観点からすれば、けちをつける気持ちもない。日本の企業体も、これまでの韓国企業との学習体験から、パッケージにして深入りしない、ノウハウのみの販売をしているのかもしれない。本当の江戸前のお寿司は、日本人さえその実態がわからなくなってきているのだから、そこに食文化をもとめるという向きも、時代錯誤だろう。

でも、クオリティーコントロールにおける、チョッとの差。これがこれからの、勝敗を分けると思う。その点で、国民性や文化の差で外国でのビジネスが難しいのは痛いほど、わかるけど、日本人の細かさや人材の均一性は、かなり危ういと言われている現在、尚、優位性があるのは、自明です。勇気があり、金融屋ではない、ビジネスとして真剣に外食産業を捉えている経営者には、今が、この韓国は絶好機であると思います。

うちも、そのお役に立てればと、手前味噌ですが、チョッと思ってしまいました。

釜山近郊での、日韓一般・ビジネス通訳・翻訳・現地業務代行”賢いプサンの歩き方”事務局のブログ です。

宿泊先近くの、水原の華城(ファソン)の城壁 2014 10月初旬

「賢いプサンの歩き方事務局」のBlog の トップページです。

2014年、ここ釜山も中秋を過ぎ越して、晩秋を迎えようとしています。これまでは、釜山近郊、或いはより南のエリア、また大邱あるいは、全州くらいの間での遠征が多かったのですが、最近は物流関係の仕事で、ソウル近く、京畿道エリアに行くことなどのほうが、多くなるなかで、お仕事をさせて頂いておりました。

色々な意味で、これまでの状況が一変した、東アジアの現況ですが、私たちの仕事においては、ここにくる方が安全に韓国内でご活動できるようにする事も、大切な役目だと思っております。 2014 11月9日 記

ここ、しばらくは、釜山に縁(ゆかり)のある方の、相続に係わる保全業務や、コンベションでのサポート通訳、釜山近郊の企業とお取引のある会社の方の同行通訳等、世代や日韓の様相が変わる中で、為替の変動・権利の確認、または、新たな市場への試み等に、お急ぎのお客様と、お仕事をさせて頂いておりました。

メディアで流される報道とは相対して、益々、韓国の人の生活の中に、日本的なサービスや商品が溢れていく現状や、伝聞ではなく、自分の眼や、独自のルートで状況を確認する方が、いち早く、リスクを回避して、移り変わりが激しい、日韓の間でのビジネスは勿論、二国間の異相を活用して、プライベートでも、エンジョイしておられる場面を、数多く、目にして参りました。

韓国への、渡航は、今なお安価であり、逡巡される前に、まずは、足を運んで実際にあたってみる。

それは、個人さまの財産の保全業務や、企業さまの韓国での商品の売り込み・韓国でのビジネス・プランの策定においても、とにかく、接触することで、仕事が進んでいく韓国という土地柄にあっては、韓国内での経費を削減して、日本国内の代行業務者に、業務を預けて、経費も時間も2転・3転し、結局はより多額の費用をかけるより、はるかに、賢い選択であることを、僭越ですが、まず、新しい年度を迎えて、お伝えしたく思います。 2014年 4月13日 記

IMG_20140308_195258
センタムのBEXCO コンベンション・センター内

過日、こちらのケーブルTVで、NHKの街歩きの番組で、釜山を取り上げていました。ほんとうに、いつも歩いている、国際市場、南浦洞やチャガルチ、駅前の上海ストリー卜、釜山の急階段を上りながら、そこに住む人々と、一人旅をしながら触れ合うように、等身大の釜山を、撮していました。チョッと、嬉しかったですね。

そう、釜山は 都会だけど、異国の場末の田舎の海の街(笑)。格好良くは 決してなりきれないないけど、だから、昔の日本も 何故か垣間見ることもできる。

東莱 温泉場・近くのマンション街の 夜桜。

とにかく、釜山のどこにも、反日の風なんか吹き荒れては いないです。どうぞ、心配のむきには、私どものような、韓国についても日本についても、一個人として向き合ってきたような、人間をご活用頂き、こんな時こそ、海の隣町に、降り立って頂ければと、思っております。

人の行く、裏に道あり花のやま・・こんなところで使う格言ではありませんが、半島の海の街を、満喫にお越しください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
広安里ビーチ これからの季節、特に、週末や、夜になると様々な趣向で、来る人を楽しませてくれます  市民ブラス・バンドの 華やかな演奏風景

釜山に御用のむきには、是非、釜山を含めた、中から南部、て韓国への訪問、お仕事、ライフ・ワークのサポート。様々な案件を 、こなして参りました、当局に、お声かけください。

Webサイトに個人輸入のお引き受け詳細をアップ致しました。美容・壮健の完成品に関しましては、商品名を頂ければ、さほどのリサーチのオプション無しに、近辺の安価なショップ・市場で入手し、お送りいたします。お楽しみください。詳しくは、ここより


こんな時、韓国では、薬茶という手があります。十全大補湯(シプチャンデボタン)などの、補身ブレンドで、南浦洞・チャガルチ・散策の間に、閑静な静寂とともに、一服。”素花房”にて。。(2013年 閉店)

当事務局の業務も,5年目を迎え、日韓を行き交う仲立ちをさせて頂く中で、色々な気づきも出て参りました。これより、そんな事も踏まえながら、ご利用いただく方に、新たなご提案等もできれば、幸いと思っております。どうぞ、引き続き宜しくお願い申し上げます。

通訳全般・翻訳等についての、お問い合わせファーム

続々と、立ち並ぶビーチ・サイドの、イタリアン・レストラン・パブ・カフェ・・ここは、海雲台。

 

釜山 モーターショウにて



路地にも、お洒落なブティックが新装し、趣向の異なるカフェが軒を連ねる南浦洞(2011 4月30日影

海風が、吹きぬける釜山で、あなたのしたいことを、思う存分エンジョイしてみませんか。最近は、そんな自分だけの休日を楽しまれる、お客様にも当局のサービスをご活用頂いております。

昨年からも、大きく街は様変わりして、益々便利になっています。国際フェリー ターミナル、金海空港、釜山駅。釜山に着いたら、”私だけの釜山の休日”のお伴を、どうぞおまかせください。

これからも、このブログでは、釜山の色々なエリアの雰囲気。また、地元ならではの情報、健康・美容や医療、観光・短期滞在に関する情報・人気のアイテム等をお伝えしていくつもりです。

通訳業務等に、関しましては、”HP賢いプサンの歩き方事務局”をご閲覧ください・

2009年10月末日の、釜山のチャガルチ場外市場の様子を貼り付けて、おきます。^^ちょっと、前のものですが、場外市場の賑わいは感じて頂けると、思います。