超 実践 韓国語 第 3 弾

チャルガルチ新市場 裏 の ベイサイド の夜影

お客さまを、受け入れる時、いつも頭にあるのは、安全のことだ。旅では、誰でもが非日常を、味わいたい。当然のことだ。浮世のしがらみから、ひと時抜けて、自分を感じる時間。

今回の事故(韓国の射撃場での)の第一報が入った時、すぐ頭がいったのは「被害にあったのは、日本の方、じゃないのか。」という事だった。 射撃場に行ったこと事態を、揶揄する声もあるが、どこの情報誌をみても、一面に大きく広告され、釜山のアトラクションの一角を担っている。

日本人の感覚からすれば、そういうところは、それなりの安全基準を満たしていなければならない、筈、だろうと、当然思う。 安全の管理に、問題があったのは、厳然たる事実だろう。

何か、アクションをすれば、リスクはついて廻る。

ビートルで来た、九州の方だというので、尚更、胸が痛い。それくらい、いつも、釜山を身近に感じ、偏見なくこちらに、来られている方達だ。 韓国の矜持が、問われる。

本当に被害にあわれた方々は皆、それぞれにご家族の方々にとっては、一家の大黒柱の方と聞く、何よりも状況が少しでも明らかになり、ご家族のかたへ情報が開示される事を切に、願う。

笑顔で、帰っていかれた方が、「無事、帰宅しました。」と、連絡して下さった時に、ああ、良かった・。と、本当に、思う。 亡くなられた方の、ご冥福をこころより、お祈りすると共に、このページでも、きちんと、自分ができうる範囲で、リスクは提示していきます。

今日は、超 実践 韓国語 第 3 弾 をアップします。

韓国での、急なアクシデントの時に、便利な薬局での、対応のvol 1 です。

薬局編 1 <==ここを、クリックして下さい。

心より、安全で楽しい旅が、皆様の、そして私達の、かけがえのない日常と共にある事を、祈って。


脈絡なく、釜山郊外と、カニ話。

一気に、初冬の風情の釜山。昨日は、ビデオを、回す間もなく、釜山の郊外。
韓国・釜山バスの車内から(動画) (バスに乗ることも、あります。危険です。笑)
以前、運営していた店がTVの取材を受けた時、そのベテランのレポーターの方と意気投合して、いろんな話になった。で、さすがに各所を津々浦々歩かれてる方だけに、さすがに面白かったのだが、

ひょんな事から、釜山の話になった。

で、その方曰く、
「いや~最近は、札幌の卸も、釜山にカニの買い付けに、いくらしいよ~。」

その時は、なんせ北海道にいたから(採れたばかりの、タラバや、毛蟹を漁師さんに貰えるところに、いた訳だから。)、ほ~っそんなもんか・。と、思っていた。
昨日、機張(キジャン)に行った時、「なるほど、Tさんの言っていたのは、この事だったんだ。」と、思った。近いうち、撮って来て、アップします。

あの、チャガルチがあるのに、何故かカニは、機張(キジャン)。カンのオモニも、「昔は、よく、キジャンで、カニを買ってきたもんだ。あそこの、カニは旨いんだ。」と、言っているんで、イエンナレ(”ず~っと前”という意味。釜山のヒトは、これ無意識によく使うんです^^)からみたいですよ。
そんなんで、寒い日でしたが、笑顔でお客さまと、手を振りあう事ができました。
ご夫婦で、兵庫から、パンスターフェリー<-(りんく)で船の旅。風があるから、揺れなきゃ、いいけど。
釜山港での映像 (動画)なぜか、以前撮った、釜山フェリーターミナルから。ちなみに、動画中のチュソクは、お盆の事で、旧正月の事では、ありません。何を言ってるんだか、自分(^^;。

超実践 韓国語 お試し版 vol.2

釜山・東菜の メガマート 近くを、車窓よりこのところ、ここ釜山はいっきに冷え込み、山に廻りをぐるりと囲まれた海の街に、場所も時期も違うのですが、山背を思わせる風が、終日吹いています。

こうなると、チゲが美味しい季節ですね^^

ところで超実践 韓国語 第2弾行ってみます。

簡単に、韓国の旅には切っても切れないタクシーを、使いこなせるように、なること請け合いです。自画自賛 笑)

タクシー編 左をクリックして下さいね!!

今日は、お客様と、釜山近郊の機張(キジャン)辺りを廻る予定です。カニが、美味しい市場があるところ、なんですよ。 では、行ってきま~す。

足長・新世代&韓国コスメ

韓流女優 総動員^^ 韓国コスメ各社のパンフ私たちが、ご案内する日本からのお客様も、色々と楽しくショッピングをされて行きます。その中でも、2009年版3種の神器ではありませんが、BBクリームと、岩海苔は別格の優等生です。

日本人に関しては、韓国内で大手を振っている、サムソンや、LGの PC・液晶TV や、国内シェアが(80%)と、言われる・現代グループの自動車も、裸足で逃げ出すほど、外貨を獲得している・・と、言えばいいすぎかな^^。

釜山港のコンテナ作業場で、山と詰まれた辛ラーメンby農心は、本当に圧巻でしたが、こんな身近な場所で、内需・外需どちらも、大切なのを肌に感じられるのも、また、釜山ならでは。

で、いきなり韓国コスメの話。北海道で、薬膳のレストランを運営していた頃から、思ってたのですが、体には・元気&安全が一番。でも、綺麗が加わると、もっと楽しい。来韓のおり、日本から資・堂の化粧品を、お土産に持っていくと、「シシェド」と喜ばれたのは、今は昔。(勿論、今でも人気ありますけど。)

南浦洞や、国際市場などでは、男の自分にも、ひっきりなしに、「 ビビ、クリムいかがですか?」と、声がかかる。で、韓国にきてから、薬膳の研究と併行して、そのBBクリームって、ホンとなんぽのもんじゃいと、なった訳です。だって、お肌には内服する朝鮮人参が極めていいことは、日本でひそかに^^内服を勧めた、40~60位までの方の、お肌や体調の著しい変化で、如実に明らかだったから。(血圧の高い、実証の方は、禁忌です、気をつけて)

そのうち、これまでは全然だった化粧品・全般に関心が湧いていった。 なんせ、ずっと、珈琲の自家焙煎をなりわい、としていた程の凝り性で、疑い性なんで。

これを、読んでいる方も、BBクリームを使っていらっしゃる方、多いと思われます。でも、基礎化粧品は、どうですか?やっぱり、使いなれているものから、変えるのは・・って、思うでしょうね。でも人それぞれに体質が違うから、化粧品っていろいろなバリエーションができる。特に、ここは韓国は、なんせ綺麗が一番のお国柄だから。

通訳ガイド担当のカン・ランニョンが、日本にきた時、「韓国に較べて、中間クラスの価格帯の、化粧品の選択肢がすくないのと、安いのを使うと肌が突っ張る。」と言って、困っていた事を、想い出します。

街の喧騒を、考えると、何がウェルビーイングだ( ゚Д゚)と、悪態をたれていた時期もあったのですが、それは、それ、毎日歩いて、色々な物を見てくると、「なるほどね~。」って思うことも多い、今日この頃です。

ところで、韓流女優、総動員の韓国コスメの、広告合戦です。これも、また、移り変わりの激しい、韓国の広告の女王たち。

youtube で、ご覧ください。

Son Dambi (손담비)~ Crazy (미쳤어)

韓国・足長世代の代表選手 ソン・ダンビ 確かに、2009年は、街を歩くとこの「ネガ ミチョソ~~」ばかり聞こえていた。化粧品では、上級ブランドで、年齢は、20代後半から、40代半ば位が、ターゲットの現代グループのコスメブランド、ENPRANI(エンプラーニ)の顔。でも、10代から、20代前半の女性のトレンド・リーダーだよなぁ。キット。

2008年の今日、この釜山に、降立った訳だけど、その時は、日本でも有名なチャン・ジヒョン(I belive~あっ、昔か・・デイジーとか)と、キム・テヒが、広告を2分していた。

で、2009年は、キム・テヒと、ソン・ダンビが。街の広告を埋めている。


カン・ランニョンの超実践・韓国語 お試し版^^

沙上 Eマート の 夜影

かなり、毎日、気温の変動が激しい、このところの釜山です。今日は、オンドルが、ちょっと嬉しい^^

で、今回から、ふらっと プサン の、通訳・ガイドのカン・ランニョンが、釜山のひとり歩きに必要な、「超実践・さらっと、聞くだけ、韓国語」の音声を、お試しで配信します。 (カン・本人曰く、日本語と英語と韓国語が、ごっちゃになって、お聞き苦しい点があるそうです。※

※特に、音声中、ティケトと、言ってるのは、チケットの事。また、イロケというのは、”このように”と、いう意味になります。)

容量の関係から、wmaファイルでの、配信になりますので、Macユーザーの方には、ご迷惑かけます。 もし、音声にしてほしい、シチュエーションがありましたら、コメントやメールで是非お知らせください(^^)。 沙上(ササン)Eマート の オーガニックコーナー

117 020martでの、買い物編を、クリックして下さいね。少し、お待ちくだされば、音声が 始まります。 今回は、スーパーの買い物の時に、皆さんが出くわすシチュエーションの解説と、その時に必要な韓国語が録音されています。

ちなみに、上載の沙上・ササンは地下鉄2号線で、いく事ができます。もとは、工場が立ち並ぶエリアだったそうですが、

今は、Eマート、ルネシテ(アウトレット)、Homeplus(ホームセンター)が、立ち並ぶ郊外の商業エリアです。 ツアーのお客様なら、パラゴンホテルにお泊りになった事があるかもしれませんね。

朝鮮人参 の 怪(゚Д゚ノ)ノ 

凡一洞(ポミルトン)の路地裏 なんといっても、現地にいて、何かと外を歩き回っているのだから、ブログの更新なんて楽勝だと思っていたのですが、なかなか(笑)ですね。

2日の月曜日は、横浜からのご家族と影島の突端にある、太宗台(テジョンデ)を廻り、昼は、海の見える焼肉屋さんで食事をして、南浦洞・国際市場を廻り、夜は、チャガルチで食事。

水曜日は名古屋からの、女性の韓流好きなお仲間と、梵魚寺を廻り、金剛公園のロープウェーから、秋の紅葉が色付く釜山を眺め、ポミルトンで、鎮市場を廻り、チング通りを抜けて、西面でショッピングという感じで、歩かせて頂ました。 有難いことに、不思議と、お客様と歩く事で、発見することも多いです。

凡一洞(ポミルトン)現代デパート の夜影

例えば、韓国が誇る朝鮮人参ですが、皆さん、これをお勧めすると、身構えられるんです。(笑)

私たち自身が、補身薬に関心が高いし、韓国の朝鮮人参の薬効は、ヨーロッパにおいても有名で、科学的にも折り紙つきなのです。(特に、細胞の若返り効果^^血圧の高い方には、禁忌ですが)

薬膳の研究をしていた事もあり、まがいものを掴まされない自信もあるのですが、「人参は、いかがですか?」というと、これまで、にこやかだったお顔が、一瞬、硬くなるのです。 今まで、日本のお客さんに、どんな商売してきたんだ(笑)韓国のおばちゃん。w(゜o゜)w、ノンダミ・ノンダミ(冗談・冗談)。

東京よりも、近い外国・・・

日、話していた超実践・韓国語の音声・第1弾を、余裕でアップしようと、したところ、ワードプレスには、2MBの制限があった。(泣)勿論、裏技はある様ですが、結構、面白くて役に立つコンテンツなので、別にページを設ける事にしました。

ところで、先週の土曜日・31日は福岡からの14名のお客様を、ガイド担当のカン・ランニョンが、お連れして、チャガルチ、国際市場、南浦洞を歩きました。(正確には、10名から後7名、食事の時は14名)

これまで、最大が5名のお客様でしたので、先方の方にも手を煩わして、メールをやり取りし、ルートも確認して、その日を迎えたのです。 色々と内実、お連れしたい所もありましたが、通訳担当のカンとも、「とにかく、お客様の希望を優先しよう。」と話していました。が、それでも5時間の中で、南浦洞エリアと、西面エリア&在来市場の釜田市場プラスαを、計画していたんです。 そして結果は・・・。汗)

でも、本当に勉強になりました。やっぱり、近いとはいえ、ここは来られる方にとっては、外国なんですよね。(当たり前だけど。)  医療関係の職場の同僚のご一行様だったのですが、雰囲気の良い、本当にいい方々で、あ~日本人だなって、手を振ってお見送りする時は、いつもそうですが、今回も、日本に帰られるんだなぁ~って、相方のカンには知られずに、ひとりごち。

「本当、隣マチみたいな、ものですよ^^また、来ますから。」お客様のその言葉が、妙に心に残った.

予定時間をはるかに過ぎても現れない、一行を待っている間、撮った週末の、龍洞山公園のひとコマ。本当に何台もの、観光バス、マイクロバス、ボンゴタイプのレンタカー。物凄いエネルギーで、動いている釜山の観光産業と、その中で、自分達らしく、釜山でのひと時を、お客様という以上に、新しく異国で、縁ありお目にかかる同胞に、「ああ、いい時間だったな・・。」思って頂くには、どうしたらいいのか、喧騒のなか、いきなり暑くなった日差しのもと、暫し思いに耽っていた。