「対馬までの海を、カヤックで、一人・漕ぎきった」”冒険家”の記憶 (˘灬˘)

海運台、2014年の5月初夏の海。
この写真は、下記の記事と連関性は、ありません。2014年次に、撮ったものでしたので。

このところの釜山は、本当に、良い天気。そして、天気が良ければ、海の街は、旅情をこのうえなく、醸し出して、しまいます。

私のしている仕事は、ビジネスにしろ、韓国に来られた方の、いろいろな用件での同行通訳にしろ、繰り返し、お使い頂くかたは、ございますが、9割の方は、本当に一期一会となってしまいます。初期にご利用下さったお客様には、もう私が通訳したことの記憶も定かではない方も、おられること、でしょう。

私に関しましても、繁忙だった時、閑散期、試行錯誤期、悟り期(´゚д゚`)・・・と、10年を過ぎ越そうとしていますが、そのなかで、ずっと頭の片隅に残っている、できごとが、あります。

それはその時に、自分が一度は、確約した行政との折衝が難航して、ご依頼のクライアントさまの、達成しようという用件ができなかったら、どうしようと、必至だった事もありますが、その事の意味を顧みれば、なんで、地元のメディアに繋ぐなり、なんなり、モニュメントになる刻印を用意して、差し上げられなかったのか、という後悔と、後から知ることになった、苦闘の挑戦の顛末が、悲劇と紙一重のものだったことを知ったときの、戦慄です。

下記のリンクは、ご本人のBLOGと、それを紹介した冒険家仲間の方の、HPです。もうすでに、4年の月日が流れたこの事を、あらためて、今、取り上げるのは、由なく、この冒険家の方がなんで、ノンサポートで、流れのきついといわれる、対馬海峡・西水道(朝鮮海峡)を、日本人でありながら、釜山のヨット・ハーバーから出立したのか、知って頂たかったからです。

https://bit.ly/2rXRRRw

お友達の冒険家が、「五十嵐 やすゆき さんの、単独・ノンサポート対馬海峡・西水道のシー・カヤック横断」を、紹介したページ 

http://yasufreeman.blog53.fc2.com/category18-1.html

冒険家 五十嵐 やすゆき氏 のHP 「旅する写真館」

2014年といえば、セウォル号事件があった年でもあり、その中で個人でのこういった試みに挑む葛藤は、五十嵐さんのBLOGを読んでいただければ、手にとるようにわかります。

当時、韓国側の出航の許可を業務として請負い、それを果たすことだけに、やっきになっていた私は、五十嵐氏の佇まいから、それ相当のトレーニングを積まれた方なことを、体感で判断しましたので、最終的に、出航のてはずが整ったときには、次の業務も控えていたりしたので、お見送りもできませんでした。

大変なことは、わかっていても、本当に、それがどれほどのものか、知るよしも、ありませんでした。その日、五十嵐さんの到着予定時間から、大幅に過ぎても、到着の報がなかったので、さすがに心配でいても立ってもいられなかったのですが、BLOGを読んで、身震いがとまりませんでした。

「カンさん、もし自分の仲間達に、カンさんのこと、紹介しても、宜しいですか?」といわれた時、「こういう業務は、うーん・・。」と曖昧な言葉が口をついて出たのは、どういう心境だったのか、今も、よくはわかりません。

五十嵐さんは、この挑戦を終えたとき、「これで、刺さっていた小骨がようやく、とれた気がする。」という表現をされておられますが、日本に一番近い海の都市が、今年も、海のシーズンを迎えているさまを、眺める時、そして、これまで海を眺めるときに、いつも、心のどこかにひっかかっていた、

この人知れずなされた挑戦を、今回、お伝えすることで、時代は過ぎていっても、国境はあり、いろいろな制約や立場の違いがあり、でも、戦争や断交などということを回避する、最低限度の見識と良識を人知れず、名もない誰かが担保してるからこそ、だれもがその海に、想いを託すことが、できること等。

ところで、皆さんにとっての、冒険とは、何ですか?

チェジュへ向かう、フェリー。

2017年も、釜山も、まさに、春・4月。桜が、咲き、カフェ協奏曲は続く。

釜山も、4月を迎えております。そして、それは、桜の時節を意味します。^^昨日が、ピークだった、温泉場のカフェ・ストリートの桜を。釜山の各所のみならず、ここしばらくは、慶尚南道の各所で、咲き誇り、まさに釜山の観光シーズンの幕開けとも言える風情でした。

温泉場のカフェ(飲食店)ストリート、ライトアップに照らされた夜桜も、また、なかなか。

夜桜を眺めながら、老いも若きも、カップルもファミリーも、食べたり、飲んだり、写真を撮ったり、喋ったり。よい時間を、過ごしていました。

ところで、過日、松亭ビーチ、エリアに行ったときの、フォトも、いくばくか掲載しておきます。

会社訪問で、機張に行ったときに、お客様を連れて、昼食を兼ねて、立ち寄ったときのもので、荒っぽいですが、今は、このあたりが、或る意味、海の街、釜山の新たな顔でもあるので、これから、釜山界隈にお越しになられる方に。

松亭のこのあたりも、郊外型の面白いお店が、いっきに増えてきています。

下載は、コーヒーを焙煎して、豆も販売している、市中にも、支店を持つ、ロースターリー・カフェですが、リゾート型のプールがあって、ソファーで寛ぎ、絶景の海を楽しむカフェとか、バーベキューを楽しむカフェ?なんかも、続々、登場。

このカフェに程近い、ミヨク 미역(ワカメスープ)の専門店で、食事を取りました。

ちょっと、加熱気味で、景観の保全は心配だけど。(笑)

これから、どんな趣向のお店や、施設ができていくのか。楽しみです^^。

釜山で、ブーツを。オーダーメイドブーツ続編^^。

暫く、ぐずついた天気が続いていた釜山も、今日は、久しぶりに青空が見えています。韓国の騒動が一瞬にかすむように、大きなニュースが世界を駆け巡っていますが、この間も、急遽、ソウル、光州と、日本の部品メーカさま、食品機械メーカーさまに帯同して移動しておりました。

ソウルの街中には入っていないので、デモの状況はわかりませんが、釜山はTVでの騒動が嘘のように、まったく普通に、皆が夫々の日常を送っています。

昨日は、釜山にもどってすぐ、頼まれていた物品の買い付け代行と発送のため、過日も赴いた自由・平和市場に行きましたが、先回、話していた「皮ブーツのオーダーメイド」。皮の色は、 黒、こげ茶等、3色ほどですが、本皮のブーツが、170,000ウォンほど、納期3日弱で作ってもらえます。これから、冬へと季節が向かうなかで、マストアイテムのブーツ。腫れやすい、ふくらはぎの圧迫感も、オーダーならではのソフトなフィツト感で、既製のものとは、一味違った壱品が、手軽に手に入るのは、”靴の街”の市場だからこそ。

釜山での用向きに、当方の半日ガイドでもご利用の際には、ついでがてらに、時間を無駄にすることなく、お連れします(笑)。どうぞ、ご活用ください。当局、お問い合わせフォームへ

遠目で申し訳ないですが、こんな感じのブーツ。
工場直販 の ブース。
ブーツに限らず、いろんな革靴が、所狭しと。

売り込みは、これ位にして、冬を迎える自由市場のインテリア・ブースの雰囲気を、少し、お伝えします。

cimg47941

cimg47931

cimg47951

cimg48091

cimg48101

cimg48031

cimg48021

cimg4800

cimg48041

cimg48071

cimg48081

今が盛りの釜山のカフェブーム、それに牽引されて、すべての業種での店づくりが劇的に変化するなかで、市場の品揃えも、どんどん変わっていっています。

可愛いらしい、小物も目白押しで、つい私も、マトリーシカ・スタイルのマグネットの小物を買ってしまいました。

4個で、10,000ウォンでした。
4個で、10,000ウォンでした。

秋の風情が、幸運を招く?釜山の秋シーズン到来!!

cam012281 cam012301 cam012311 cam012321 cam012331 cam012351 cam012361 cam012371 cam012381 cam012391 cam012401 cam012411 cam012421 cam012431 cam012441 cam012471 cam012481 cam012491 cam012501 cam012511 cam012521 cam012531 cam012541 cam012571 cam012581 cam012591 cam012601 cam012611 cam012631 cam012641 cam012651 cam012661 cam012671今回もまた、釜山は台風の直撃を逃れ、台風一過の、澄み切った青空。釜山は茹だる様だった暑さも、今は昔と影を潜め、一転・秋の訪れを感じさせる風情。上載は、機張の会社に同行通訳に行った帰りに、立ち寄った、海のお寺、海東竜宮寺での、台風で荒れて、逆白波の飛沫がほとばしる光景です。

日本では、台風が猛威をふるい、沢山の方が被害を被られ、普段夏季に上陸することは稀な北海道に、4度までも上陸し、かつて、飛び廻っていた道東、富良野、帯広等のエリアを濁流が押し寄せるのを、TVで見ていると、本当に日本は、自然との遣り取りのなかで、生活を培ってきたところなのを、あらためて想い起こしました。

それにしても、釜山も本当に、猛暑の夏でした。釜山は、海の街ですから、暑い夏こそ歓迎・・といいたかったところですが、さすがに暑いなかの旅程は、熱中症対策を意識せずには、いられませんでした。

その中でも、一番暑い日に来られて、ちょっとユニークなご利用をして頂いたのは、20代後半の、関西のお若い7人組みのグループ方々で、初・釜山ということで、釜山界隈をお連れしたのですが、「ここ、暑いですね。」と、ふうふう言われていたので、「関西のほうが、37度越えでお暑いでしょう。」といいながら、皆さんの服装をみていたら、長ズボンや、長袖のシャツを着ておられる方もいる。「服、厚くないですか。」というと、会社の同僚の皆さんで、カジノで腕試ししようと釜山に乗り込んだとのこと。ドレスコードを気にされて、着て来られたそうです。

「釜山のカジノは、半袖・半ズボン、ぜんぜんOKですよ。」というと、「そうなんだ~。」と、後から、現地調達で、皆さん、半袖・半ズボン、買い求められ、地下鉄の乗り方、ホテルへの戻り方をレクチャー差し上げると、武者ぶるいされて、カジノに乗り込まれていかれました。

幹事の方が、初めての街なので、こういう旅になれていないメンバーもいるので、トラブルを回避するために、ガイドをつけたと、言っておられました。皆さん、お若くて、旅の目的も含めて、「若いというのは、いいな。」と思ったのですが、そういう用途で、きちんと私どものようなサービスを活用されているのは、しっかりされているなと、感心いたしました。釜山は、危険なまちでは、ありませんが、そこは、顔を似ていても、異文化。小さな配慮が、観光のみならず、ビジネスでも、大過を避けるということを、業務で何度も経験して、参りました。

今日は、いつも荒天でも、その方の飛行機は、順延や欠航しないというジンクスを持たれていた、大阪のオーナー経営者の方が、さすがに昨日は順延にあい、予定変更で、工場廻り。秋夕・気分もすっかり抜けて、観光にしても、仕事にしても、とても動きまわりやすい季節。それにしても、やはり、海の波と海風は、いいですね^^。

あ、それと、この秋シーズンの気候のよさを、ビジネスユース、観光でも、大いに役立てて頂たいと、シーズンの特別価格を設定いたしました、ご参考にして、なさってください。観光・ビジネスサポートHP

広安里ビーチにて、熊本・九州震災の早期収束を、祈念す。

4月14日の夜半より、熊本で起きた地震は、17日の今日まで、余震が衰えないようで、気がかりだった熊本の方とは、連絡がとれ、気丈に「自分は、仕事で現地にいなかったけれど、家のほうも、小物が散乱したくらいで、大丈夫!。」と言っておられたのですが、その後に、あの大きな余震(本震?ここ釜山でも、揺れを感じました。)・・・。沢山の方を、一瞬に本当に大変な事態に追いやる、天変地異の無情に、言葉もありません。

必死で、救助活動に邁進する、自衛隊のかた、地元・消防団のかた。そして何より、被災された方々。心より、少しでも早く、支援の手が、行き渡り、また、2次災害などから、守られますよう、お祈りいたします。対岸の福岡、山口まで震度5の表示があり、一番近くの外国にある都市として、なにかできぬのか・・。

日本の方は、こういう時、一致団結して、その災害に立ち向かうのでしょうが、あまりに、災害の数も多く、ダメージが計りしれません。もし、一次時的にでも、揺れから逃れて、こちらにこられるというかたが、おられましたら、私どものできるアレンジはいたしますので、ご遠慮なくお声かけください。九州のかたには、これまで業務でも、お世話になり、義理堅く、情のあるご気質を存じ上げているので、何卒、少しでも、体を休める状況になって頂ければと、やるせない気持ちでいっぱいです。本当は、以下の記事を14日未明に、アップする予定だったのですが、あまりのショックで、今日まで、づれこんでいたものです。

以下

4月半ばです。新しい土地や、新しい環境の中で、必至に慣れようと、奮闘中のかたも、多いことでしょう。先日は、沙上(ササン)に靴製造の業務通訳に、赴きました。日本と、韓国の業務の仲介も継続して、させて頂いておりますが、今回はTVショッピングでの商品の販売が、急遽決まり、納期も結構タイトで、慌しい様子でありました。加えて、韓国の製造元も、TVショッピングを控えていて、それなりの応酬(笑)のなかにも、活気が感じられて、うちも、ご利益賜りたいと、チョッと羨ましく思う事、暫し。

桜が、強風と雨で、葉桜と移行する時節。釜山は、海浜観光の幕開けへと、本格的に入っていきます。

そこで、当事務局でも、現在、春の観光キャンペーンとして、一人でも多くの方に、今一度、この釜山を楽しんで頂くべく、特別価格で、ガイド通訳サービスをご提供いたしております。釜山を熟知する通訳の案内で、気ままな一人旅でも、仲良しコンビ、トリオの愉快な道中にでも、高齢の親御さん、小さな子供さんを伴った旅にでも、ご活用されては、いかがでしょうか。

春の観光キャンペーン・ページへ

以上

今日、17日・広安里ビーチに赴いた際、撮った写真を、載せて置きます。海開けの準備に、海の砂を土運船で運んだり、パワーショベルでビーチの砂を均したり。光も淡く、人々が楽しげに寛ぎながら、歩いていました。それを眺めながら、いま、被災されている方に、少しでもこのような、心を安らげる時が戻るときの早からんことを、大切なひとを失った心の傷、復興までの困難な苦痛を、和らげる希望の陽が差し込むことを、ただいま、それだけしかできぬ身として、祈念させて頂きました。

 

釜山・温泉場(オンチョンジョウ)の桜とカフェストリート

釜山 温泉場・河川敷遊歩道の桜
釜山 温泉場・河川敷遊歩道の桜
釜山 ・温泉場河川敷遊歩道の桜 2
CIMG37331
釜山 ・温泉場河川敷遊歩道の桜 3

とうとう、また桜の季節が、やってきました。家の近くの、温泉場(オンチョンジョウ)遊歩道の桜並木も、一斉に色づき、釜山の春も一気に、本格化してきました。

この数年で、このリバーサイドは、高層マンションが立ち並び、それに呼応するように、カフェやバー、飲食店ストリートが、新たに形成され、賑やかになっています。この河は、下っていけば、ほどなく、センタム・シティを横手に見ながら、ヨットの係留場を抜けて、海へと抜けていきます。

釜山 ・温泉場カフェ・ストリートの夜桜
釜山 ・温泉場カフェ・ストリートの夜桜
パティシエが作る、果物を素材としたムースが、美味しい cafe L'essai
パティシエが作る、果物を素材としたムースが、美味しい cafe L’essai
フランボワーズ ムースをお客様と、このあとは、美味しくて、マンゴーとチーズのムースを追加^^
フランボワーズ ムースをお客様と、このあとは、美味しくて、マンゴーとチーズのムースを追加^^

さあ、これから、釜山の1番、いい季節のはじまりです。

2016 3月後半。桜満開前の、海の街

釜山では、桜が咲くまえに、その前哨戦のように、木蓮の白い花が市中にそこここで、見られます。

これが、咲くと、次は雲海のように、市中で桜花が咲き乱れる時節と、なります。

今日、福岡~釜山の高速船ビートルに関連して、こんな記事を、眼にしました。早いもので、就航25周年だそうです。

日本から、海路で行ける外国の定期便、しかも、日に複数便があるのは、この海峡間だけでしょう。

新たなフェリーターミナルが、昨年、中央洞から釜山駅裏に拠を移して以来なぜだが、、めっきり、フェリーターミナルに行く機会が減ってしまっていて、これを見ていたら、九州に堪らなく、いきたくなりました、大宰府の辺りも、今頃、いい感じだろうなぁ。

韓国の、原子力発電所関連の、施設につとめて3年目になる甥っ子が、この1週間ほど前、飛行機で福岡から入り、長崎、湯布院と、初めての、日本旅行に行ってきて、ハウス・テンボスが気にいったようでした。

話が逸れましたが、この間、海運台、松島方面へと、行ったときの写真を、スライド・ショーにまとめました。

釜山にも、少しでも多くの方が、高速船でも、フェリーでも、飛行機でもよいので、来て頂ければ良いなと、心より思っております。

3月半ば、海運台・ふらっと散策。

釜山も、3月を迎えました。今年の冬は何かと天候が不順だったのですが、ここに来て、爽やかな青空が続くようになり、底冷えも,なりを潜めてきました。久々に、商談通訳で向った海運台で、仕事のあと、束の間、散策。

海運台へ向う、道すがら、車中よりマリーン・シティを望む
マリーン・シティを通り抜け、海運台に出た、辺り。
ウィーク・デイで、まだ人も少ない、ビーチ・サイド。
2016年3月半ばの、タルマジの丘の様子
CIMG344634
釜山ーカルメギ(釜山市の市鳥)かもめも、寛いで、日向ぼっこ。
海運台のど真ん中、絶好の位置に、立ち現れた、新装「東横イン」
海運台のど真ん中、絶好の位置に、立ち現れた、新装「東横イン」
ザ・ベイ101から、グランドホテル界隈
ザ・ベイ101から、グランドホテル界隈

昨年から、年々、増え続ける、オンシーズン対策に、大量の砂を補充し、灌漑を本格的に施して、海運台では益々リゾート気分が況しています。

上載の写真でもあるように、ビーチのど真ん中に、東横インの海運台2棟目のホテルもオープンして、さぞかし海側の部屋から見える、オーシャンビューは、絶好のことと思います。それにしても、いい場所^

8月・釜山 あぶら蝉啼くストリート&日本の製品

あっという間に、8月です。そして、いわずもがな、ここ釜山も、熱暑の夏を迎えています。

日本でも、軒並み熱帯夜の日々の中、毎日、お仕事に、また、其々の諸業務に頑張っておられている事と、思います。”でも、この暑いさなか、周りが”だれている”間に、しっかり準備や、調査をして秋からの掻き入れに備えなければ”・・単なる、独り語りになってしまいましたが、確かにあぶらぜみが、かまびすしいこの期間が、釜山はハイ・シーズン。韓国・全土から、週末にはどっと人が、このビーチ目がけて、訪れます。(本日、8月4日は、公式発表海運台ビーチで、80万人)

8月の広安里ビーチ、平常日の昼下がり

巷では、オリンピックもスタートして、開幕直前まで、さほど盛り上がってなかった、ここいらでも、緊急避難(避暑)に駆け込む冷麺屋でさえも、メダリストの横顔、韓国版を放送するTVを見入って、盛り上がっていました。こちとらは、それを横目に、日本選手の活躍をチエックするのですが、日本選手自体は、本当に頑張っていますよね。でも、いかんせん、柔道の、殊に、指導者達の体たらくには、怒りを禁じえません。”敗軍の将、兵をかたらず”、ではないけれど、4年間、準備期間があるわけですよね。

しかも柔道は比較的、バック・アップ体制も、恵まれているはずだろうに・・。だって、指導者というかバック・アップ、スタッフの仕事って、ようは、技術・コンディショニング・そして、諜報戦のはず。きっと、民間の海外担当の経験のあるスポーツマインドを持ったビジネスマンを入れて、指導者層の意識を刷新しないと、「いつまでたっても、同じことさっ・・」てなことに、なりかねない。やれ、ルールが変わった、選手のモチベーションが・・、いいかげんにしてくださいよ。やられたら、やり返す、それだけですよ。あ~、ご託を並べて、すっきりした。(笑)

広安里ビーチから見た、ITパークのビル群

最近、時にこちらの小さな事業主の方から、緊急で、通訳の依頼を頂いたりします。「いやさ、前には日本にいって、相手もしてくれなかった日本の大きな会社から、急にコンタクトがあってさ・・。」

そうです。日本の会社は、手をこまねいて、いません。メディアの好奇の対象とは別に、日韓の現実の経済と相対して、日本のコンテンツの優位性で、韓国の市場を開拓しようとしています。

韓国の子供たちも、幼年の頃より「韓国は資源のない国だから、技術を習って、世界にものを売らなければ、ならない。」と教わっていくようですが、40代の日本人の自分達も、嘗て、そういわれてきたのを、ここにいて、思い出します。なんだかんだいって、ここには日本の通ってきた道を、今一度、繰り返し見るような場面が、そこここに溢れています。

確かに、コンテンツ・ビジネスが世界を席巻して、ファイナンスの知識や抽象化された国際戦略を頭に置くことなく、単純に物事を進めることは、為替差を考えると無謀でしょう。

でも、韓国のような、日本のちょっと前で、しかもIT環境は日本に引けを取らない国では、生活の質を彩る、”モノ”が、日本の商品の中では、絶対的に、ここでは渇望されています。

美容室でも、ヘアダイやパーマやカラーリングの原液は、ほとんど、日本性だし、日本のファッション雑誌は、いまだに、人気です。インテリア、エクステリアまで、含めると・・これ以上は、企業秘密(笑)になりますので、ここでは書けませんが、日本企業のもつ商品力が、リテイルの分野では、絶対的に優位です。これを読んで、商品を廃棄しようとか、投売りしようとしている方がおられましたら、一度、格安航空でここに遊びがてら、様子を見に来てください。真摯に、ご案内いたします。

あと3年位は、生活の質の部分で、日本企業の商品に絶対的優位性があると思います。

トイレも、韓国では、ここにきたばかりの頃は、Daelim(デリム)が多かったのが、TOTOの文字を眼にする事が多くなりました。(現地法人化しています。)

上載は、最近、韓国に視察に来られる、日本の企業の方を必ず連れていく、広安里ビーチの気だるい昼下がりの模様^^ですが、その目の前を、”Sappro”の文字を大きく配した、ビール会社のトラックが、日本のように行き交います。アサヒは、すでに先行して、韓国でもブランド化しているところに、当然のごとく、キリン・サントリーも、参戦です。(韓国でも激戦の飲食業。そこを相手に、殊に、日本で地ビールのノウハウを持っておられるところが、イタリアンのレストラン相手に卸しても、面白いかと思いますが・・)。

やられたら、やりかえす^^。トム&ジェリーのように。 これが、2012年のテーマ?です。

とにかく、サッカー、頑張れ!!日本。

昔から伝統の、刺身センター 妖しげなのが、これまた、異国情緒。

 

真夏こそ、ハングル^^ 海運台で、ハングルを喋ろう

押し寄せた人の熱気のせい?ではないだろうが、蒸気で「白く煙る海運台」は、少し涼しい風が吹いていた。

昨日の昼過ぎの空き時間に、1日の日曜日に、300万人の入場が発表された、海運台ビーチに早速行ってみた。週明けの月曜日だが、ウェスティン・朝鮮ホテルの裏手の駐車場もびっちりで、さすがに渋滞、冷房が、がっちり効いていて快適な座席バスを、早々に飛び降りた。

欧米系の人が多い、普段の海運台と違い、東南アジア系の人や、インドの人が目立っていた

夏の海運台ビーチは、地元人は避ける人も多いが、昨年から見ても、早い時期から、今年は国際色がとみに豊かだ。とはいえ、アジアのビーチ。自分も,こんなパラソルで埋め尽くされた海岸をみたのは、初めてだ。

ぼ~っとする程に暑い、午後1時の西面より40分あまりかけて、降り立ったビーチは予想外に涼しかった。同じ釜山でも、やはり海は海である。

普段は、滞在する外人で、いっぱいのこのカフェ・バーも、喧騒明けの昼間で、静かに佇む
普段は、活気のある呼び声で、パワーいっぱいのアジョマも、店先で暑さと疲れで、うたた寝していた

とにかく、四季おりおりに変わるビーチの表情は、飽きることがない。

で、強引ですが、そんなストリートも、ハングルができれば、もっと楽しい。音声を聞きながら、あなたも夏の釜山へショート・トリップしてみてください。  本当に、釜山に来た時、役にたちますよ^^

通訳・カン ランニョンの 聞いて・つぶやく韓国語音声・街歩き編 ここをクリック !!