”海風になびく、ウェディング・ドレス ”

映っているのは、釜山-金海軽電鉄。無人運転。案外、変わっていない風景にも、変わり行く、釜山圏のインフラの進展が、映り込みます。
8月後半・某日の金海空港、それなりの、盛況^。今日も、海外へ向けて、出立。
チエック・インを待つ、方々。韓国・第2の都市の空港としては、コンパクトな金海空港。シンプルなので、乗り降りは、楽かもです。

未だ、日本の方との遣り取りでは、残暑ともいえない、赤道直下の国かと思われる、酷暑やストームで、疲れ切られている現況も耳にしたりしますが、釜山は徐々に、残暑のほうに向いて来ている感じが、しております。

私どもも、外に出れば胸苦しく、日本に於かれては、次から次へと台風がくるなか、海外での案件を遂行する、今まで懸案だったことを、勢いつけてやるのには、厳しい環境だったことを、勘案して、これからの動きに対応して、何から手をつけて刷新するか・・本当に、ちょっとの気温や環境の変化で、食べるものも、飲むものも、何をするかの優先順位も、容易に変わってしまう。(o゚-゚o)ンそんな極めて、流動的な世界のなかで、気を入れて懸らなければと、柄にもなく思っております。

そんな中、釜山圏の動きを見ても、日本との状況も、朝鮮通信使などを介しての交流活動も、釜山から下関に多数の人が行って参加するなど、この暑さのなかで、この4年くらいとは、どんどん違った状況になっているのは、私どものところは、まだ、ちらほらですが(。ノД`。))、南浦なんかに用事で行っても、東南アジア、中国、ロシア、英語圏そして、日本からも、にぎやかになってきています。ずっと、内需をフル稼働して、ここ暫くやってきた韓国なので、釜山って、”案外使えるじゃん”と思って貰えれば、それは、それで嬉しくはあります。

私どもも、韓国内で、ご活用頂いている会社・企業さまの依頼を得て、ソウル圏、大田などの中部圏、光州などの全羅道、江原道エリア、どこにでも帯同して、仕事はさせて頂き、そのエリア、エリア、が持っている、業務を進めていくうえでの、癖(クセ)みたいなものも、学ばせて頂いたことは、貴重な経験として、生かさせて頂いております。

とはいえ、”餅は餅屋”と、やっぱり思って貰えることが、何はなくともの自分達の存在意義だと、思っておりますので、釜山圏(私のなかでは、慶州(キョンジュ)、大邱、浦項、蔚山(ウルサン)、晋州 (チンジュ)などの界隈)については、私どもの方からも、通り一遍ではない提案ができるか、特に、これから・・。試されているなと、勝手に思っております。( ゚∀゚)

PIFF・広場に新装した、ロッテ傘下の老舗カフェ”Angel in us(エンジェリナス)”暫く、新参のカフェに押され、迷走していましたが、思い切って贅沢なスペースを取った、ニュースタイルな空間を、観光拠点の街のど真ん中で、オープン。旅の方にも、待ち合わせにも、小休止にも、お勧めです!!※とかくあっても、さすが、財閥〇〇持ってんなぁーー_:(´ཀ`」
PIFF広場 Angel in us店内の2
PIFF Angel in usから、見えるPIFF広場の屋台街

韓国のケーブルTV( 例・チャンネルW http://www.chw.co.kr/#homehttps://blog.naver.com/chw_tv)で行われている、日本観光のプロモーションなどでも、明らかですが、もう日本とかいう単位ではなく、青森・佐賀・長崎・秋田・沖縄・島根・鳥取etc・・あたり前といえば、そうですが、地域単位のプレゼンテーションを、しています。

現在も、私どもは、日本のクライアント会社・企業さま、のビジネス・サポートを、主たるは、釜山圏の製造・製作会社に対しての、業務の仲立ちを、させて頂いている訳ですが、やはり業種・業態に関係なく、ここ釜山圏ならではのプレゼンテーションが、絶対に必要だと、切に感じております。

その一例という訳では、ありませんが。唐突ですが、「フォト・ウエディング」を、ご存知でしょうか?

ブライダル・ビジネス・韓国のコンテンツ、或いは、韓流にお詳しいかたなら、ご存知かも知れませんが、そのフォト・ウエディングを、日本の方を韓国に招いて、韓国で撮るという試みを、本格的に展開されておられる会社を、ちょっとした機縁があり、知ることがありました。

詳しい情報については、当該会社※株式会社ズィー・アンド・カンパニーが運営しておられる、ウェブサイト『韓国フォトウェディング情報館』を、ご覧頂ければと存知ますが、私が嬉しかったのは、代表の方が、正当に今の釜山を評価されて、日本の方に自信とクオリティの高さを持って、新たなサービスを、提案されていることでした。

想い起こせば、過去にお客様をお連れして、会社廻りをしている途中で、松亭ビーチや広安里ビーチ?で、まだ寒い時期だったと思いますが、ウェディング・フォトの撮影をされているパーティをお見かけしたのですが、この方達だったのかと、このたび、得心した次第です。

私どもの仕事も、もちろん、ここに足を直接・運ばなくても、お役に立てる代行業務の充実も、模索致しておりますが、やはり基本は、ここに足を運んで頂く、例えば、台北や上海に行くのを次の機会にして頂き、釜山に足をのばして頂く、それは理屈ではなく、そうさせる何かを提案することだと、痛感しております。

それにしても、こんなサプライズをプレゼントされたら、新婦さんは、ずっと、釜山が生涯の思い出の場所に、なるんだろうなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ 何卒、ぽちっと、お願いいたします。 <(_ _)>

それでも、夏は去りぬ。いや、行ってーー。(≧人≦○)

                8月14日の広安里ビーチ。暑い夏でも、人出はなかなか。
タヒチの女・・じゃなく、灼熱の陽射し照りつける、広安里ビーチの午後。
クルージングするヨットが、本当に増えました。大橋との、コントラストも、絶妙です。
10年前、韓国に戻って、すぐ買い求めた通訳基本用語集。著者が、自分が通訳した莫大なジャンル別用語のノートから、本当に必須だと思われる、最低限の抽出だと、語っていて、そのノートが膨大なことに驚きましたが、知らないうちに、自分の資料もかなりの物になっていました。
下準備をしていても、初回は、それは、ボトムラインのクオリティを維持するのが、関の山。2回目までに、こんな感じで、徹底的に、売り手、仲介者、お客様、3方に通る通訳品質になるよう、ボキャも、吟味、実装していきます。

灼熱の陽射しに炙られた道路や、建物を、少しは冷ましてくれるのか、熱帯低気圧に変わった台風一過の、この夏はじめての涼風。日本も、例えないような数字が並ぶ、猛暑のなか、気がつけばお盆も終わったと、お客様のメールから、知りました。韓国の取引先との代行業務、また、現地での行政手続きのサポート、前準備なども、当方の業務ですが、やりとりをするLINEのメッセージでも、暑さで汗をぽたぽた流すキャラクターが、大活躍。

「カンさんは、夏休暇はどうなっていますか?。」韓国のお盆は、陰暦ですから、この時期に、盆休みはないですが、あまりの暑さに、夏季休暇を取られていたお店も、かなりありました。でも、この暑さだからこそ、眼の廻る忙しさだったところも、あったりする訳で、不肖・釜山通訳・「賢いプサンの歩き方事務局」は、千客万来で、ご用命を、お待ち申し上げております。(笑)

暑苦しい冗談は、それこそ・この位にして、フリーエージェントの通訳・翻訳をしてきて、10年を迎えるにあたって、見えてきた風景が、あります。※何が、フリーエージェントだ(≧∇≦)と嘲る声も聞こえて参りますが、これがなかなか、それ位の気概がないと、10年は続けてこれない、シロモノなんです。(´д`ι)

広安里ビーチに、2店舗ある、coffee smith。コンクリート、打ちっ放しで、ちょっとぞんざいな風情も、まさにカフェって感じが、センスを感じさせますね。

私ごときが、生意気ではありますが、どんな仕事も特に、高度成長の時代を過ぎ越し、低成長の時代迎えた段階の国では、広義の意味では、サービス業だと勝手に思っております。※釜山、オセアニア(NZAUS)、日本、釜山と、予期せぬじぐざぐ走行の道程から、そのことを頭より体で、知らしめられてきた気が致します。

日本は、いつのまにかお盆が終わり、いつのものように、日本のクライアントさまからの、オーダーを韓国の製造会社に伝達していますが、韓国の歴史上でも屈指の熱暑の中、納期をはやくして欲しいというオーダーに、「すみません。ちょっとこれ以上は、できません。」と短く返って来るメッセージに、この暑さのなかでの作業の現場の辛さが、漂い伝わってきます。

日本の、私どもの、クライアントさんが居られる地域(特に、岐阜40℃連発、想像つかない)も、どこも、ここに勝ると劣らず熱暑だったようですが、メールで「一時からみたら、少し、楽です。」との文字に、チョッと救われました。

前のBLOGで、「暑い時こそ、次に向って準備して、go。」などと偉そうなことを、書きましたが、この間、暑さに叩かれ、業務をするのも、四苦八苦。白旗、振りまくりだった事、ここに伏して懺悔いたします。 (´;ω;`)

色々とお伝えしたい事は、ありましたが、暑苦しいので、しっかり稼動していることを、お伝えして、今回は失礼します。

皆さん、何卒、なんとかお気をつけて、残暑を乗り越えられてください。

釜山の、温泉場(オンチョンジョン)カフェ・ストリートにある、多目的カフェ・ダイニング。カフェ・ストリートに唯一ある、セブン・イレブンの裏手にあります。
なかは、気持ちいいほど、広々、港湾の倉庫あと風のモダン・アレンジ。

釜山も、クリスピーの釜焼きピザを供するお店が、急速に増えています。
この釜での、焼きたてが、振舞われます^^。
この薪で、ピザが焼かれます。店内にも、ほのかな薪の香りが、流れます。
エンタランスも、薪が、お出迎え。
遊び心も溢れた、大箱の店内で、焼きたてのピッザア(※これを、書いていたら、お笑いのサンドイッチマンの、”ピザ・はっとり”のネタを、思いだしてしまった。)や、イタリアン・パスタをつまみに、ワインや、生ビール、クラフト・ビールを嗜む。といって、価格もカジュアル。この手のコンセプトの店は、プサンでもかなり増えていますが、ここは思い切っている。よく、作ってくれました。心意気に、感謝です。

それでも、この暑い夏も過ぎて行く。いや、もう行って。┗【○´Å`】┛

釜山のフードバンク活動&”靴の贈り物”

フード・バンク活動で、靴の贈り物?でも、ふたを開ければ・・・

本当に熱夏というか、日本と同様、暑い暑い、夏本番を迎えております。釜山は、海風が吹き抜ける、海浜・ビーチ・シティ^^でもありますから、南国ムードも漂い、まさに夏の趣きで、それもいいと、思いたいところですが、外廻りの業務では、自分の身を守りつつ(笑)、お客様に負担をかけず、さりとて、海の都市で海浜観光が手軽に楽しめ、且つ(笑)、懐かしさと新しさが同居する、”釜山らしさ”を感じて貰えますよう、気を配っております。

ただ、有難いことに、釜山もロッテデパートや、新世界デパートを筆頭に、その拠点、拠点で、ショッピング・モールなどのインフラも整っておりますし、市中に、小休止するカフェもかなりの数ありますので、そこで、ミルクベースの氷に、マンゴーや、ブルーベリー等をふんだんにアレンジした、パッピンスを楽しんだり、無理はなさらず、どんどん新しくなっている、「釜山のハイシーズン」を、お越しのかたには、楽しんで頂たく、思います。

釜山に限らず、韓国は、パッピンス天国。カレーライスに、一見、見えますが、フローズンマンゴーと、ミルク仕立てのアイス

本当のところは、パラソルが並ぶ、リアルタイムの、海運台、広安里、松島、松亭等、各ビーチの現況をお伝えしたいところなのですが、私どもの主たる業務である、ビジネス・サポートのなかで、どんな形で、またどこまで、サービスを提供すべきか、またできるのか、思案させられる状況が多々あり、ひとつ、ひとつの業務がそれぞれ、お客様、双方、そして、私どもにとっても、”生業”であるなか、頭を悩ます日々を連ねる、近況が続いておりました。

釜山環境公団 廃棄物処理施設(水営区)

そんななか、愛知の大学の先生から、7月の上旬・釜山に学会も兼ねて行くので、釜山のフードバンク活動や、食品の廃棄・リサイクルに対する取り組みについて、行政、ならびに関係団体との面談のアポ取り、研究調査のサポートのご依頼を頂いておりました。

これまでも、同様な学術研究のサポート、歴史にかんする研究調査、市場にかんする調査、またプロの文筆家、または愛好家の方のテーマ研究調査・同行に、関わらせていただいてきましたので、それは問題ないのですが、”フードバンク”?その存在は、聞いたことはありましたけれど、本当にどんなことを、どんな風にされているのか、ちょっと興味がでて参りました。

今回の業務に関しましては、釜山のフードバンク活動が、前の市長さんが、多岐に分派していた活動を市政の一環として統合し、活動の幅や組織力を強めて推進していくことを、重要な施策とされていたためと、市の食品廃棄施設への訪問・インタビューもあったため、釜山市庁の環境課、沙上(ささん)区役所の担当の方、および、釜山環境公団、釜山広域フードバンクの方々に調整をお願いしなければ、ならなかったのですが、本当に誠意あるご協力をして頂ました。

丸々と育った、コニファーが、お出迎えしてくれる、釜山市庁。環境課の方々をはじめ、大変、お世話になりました。<(_ _)>

フードバンクの活動、並びに、日本に於ける現況につきましては、こちらを、ご覧いただければと、存知ます。セカンドハーベスト・ジャパン

今回、ご依頼を頂いた、愛知工業大学の小林富雄先生(教授)は、一環して、食品ロスの研究と実践、啓蒙に、これまでも尽力されてこられた方で、ご著書、食品ロスの経済学、本年、2月に日本で行われた、「食品ロスを考える国際セミナー」に於いて、パネリストのひとりとして、登壇されるなど、日本における、この方面での、著名なオピニオンリーダーとして、ご活躍されておられます。関係※ドギーバッグ普及委員会

個人、企業体、メディア、国家を問わず、巷間、本当に様々な情報がおびただしく発信され、眼や耳をこじあけて、「おまえは、もう、遅れている」と、責め立ててくる気さえする、昨今。私どものしている、通訳や翻訳業務も、その業種のプロ同士が、凌ぎを削ってやりとりする中間に入って、短期に足でまといにならぬよう、その世界にあわせて、仲介できなければ、静かに退出を申し渡されるのが、現実。

わたしどもの、クライアントさまが、そうなのか、”椅子にあぐらをかいている”ようなお仕事を、されていないかたばかりなので、こちらもそれをこなす事で、手一杯。

そんな中、今回、昔は少しはそういった事象にも、関心を持っていたこともあったのに、日々に追われて自分の視界からはずれていた、リアルの世界が抱えている光と影を、垣間見せられ、また、それに対応しようとされている方々の取り組みの一端を、知ることにも、なりました。

釜山広域フード・バンクの輸送車。提供される物資の運搬コストも、大きな懸案のひとつ。

ところで、普段は、どんなアポイントメントの取りまとめにおいても、インタビューのご協力をお願いするにしても、情報は頂いても、実際の交渉や確認を、人まかせにした事はなかったのですが、フードバンク活動に尽力している、実際の団体、企業さまの紹介は、釜山広域フードバンクのほうに任せてもらえないかと、お申し入れがあったので、事情説明も3度ほどして、指示のあった書状なども即刻提出し、状況を固めたので、一抹の不安は、覚えつつも、おまかせする事にしました。

ところが、ほかの案件が立て込み、それに忙殺されるうちに、訪問予定の2日前、その間も、「ご挨拶したいので、訪問先をお願いします。」と、連絡しても、お忙しいのか、なかなか訪問先を開示してもらえない。それで業を煮やして(笑)、フードバンクの本部事務局まで、おしかけたのですが、お忙しいのは、予想通りでしたが、わたしどもの申し出を、ぞんざいに扱っていたのではなく、訪問をより意義のあるものにすべく、本当に熱心に活動されているところに、案内したいというご配慮から、関係各所とも連携して、段取りをつけてくださっていたのでした。(この仕事をしていると、色々な経験から、”取り越し苦労の鬼”なってしまう (>ω<、)”、お許しを。)

そして、紹介していただいたのが、沙上(ササン)のセビョク市場で行われている、”わかちあい冷蔵庫”等の活動、それから、子供靴を専門に作っている靴工場。福がくる、わかちあい冷蔵庫、過去記事。

え?フード・バンクで、靴~~、どうしよう。工エエェェ(´゚д゚`)でも、もう時間がない!!でも、フードバンク本部の方の、活動に関する、こぼれ話や苦労話を語る佇まいから伝わる雰囲気に、何かあるから、”靴の工場”なのだろうなと、賭けてみることにして、当日を迎えました。

沙上(ササン)の새벽(セビョク)市場。セビョクとは、明け方の意味。
この冷蔵庫に、市場で売られている野菜の、若干、古くなったものを、提供してもらうことから、始まった活動も、今では取り組みが浸透し、市場の店が自発的に、劣化していない食材でも、寄贈する、食材も惣菜にして提供する、という段階に進んでいると、いうことです。

韓国におけるフードバンクの活動は、IMFの過酷だった金融危機以降から現在にいたるまで、それまで以上に経済格差が大きくなった状況下で、本当に食べられない人の救済策として、ここそこで自然発生的に起こった”わかちあい活動”を国策の一環として国が支援・組織化し、釜山においては、タボクドン事業(多福洞=村)として、食にかぎらず、窮乏者共済のトータルな支援の枠組みのなかで、フードバンク活動も営まれています。

その中で、ご紹介を受けて、沙上区の새벽(セビョク)市場を、訪れたのですが、沙上区は釜山のなかでも、こういった活動に熱心で、今回も区役所の担当の方が、付きっ切りで、案内してくださったのですが、その熱心さと現場の市場の方との、コミニュケーションのスムースさに、活動を継続されて来られた歳月を、感じてしまいました。

活動の継続は習慣となって、새벽(セビョク)市場に息づき、食品の供出をアナウンスすれば、劣化品でなくても、各々のお店から自発的に食品が持ち寄られ、現物のみならず、調理されたものを届けて、利用するひとの惣菜に寄与する、ような現況だ、そうです。伺うまえに、お電話をした市場の責任者のかたも、はじめは「研究者のひとのインタビューなんて、何言っていいんだか、わからないから、あんたが、シナリオをかかなきゃ、だめだよ。」とか言われて、いたのが、皆・わきあいあいとした中で、活動の話がなされて、最後は「こういうのも、たまには、楽しいね。」と、笑っていってくださいました。

子供靴専用の、靴製造会社。整然とした雰囲気のなか、ブランド靴の製造が、行われていました。

そして、これも沙上区(ササン)の靴工場に、迎いました。沙上区は、もともと中規模工場の集積地で、ことに、靴工場は、ながらく、靴製造の通訳仲介も行ってきているので、足しげく通った、いや、ている、場所なのですが、一見、整然とされ小ぎれいな佇まいは、私が通いつめていた、靴関連工場とは、ちょっと赴きが異なる感じでした。

オーナーご夫妻が、この義援活動(※その仲介を、釜山のフード・バンク事務局が行っている)に係わるようになったきっかけは、ある時、靴の原材料の規格が急に変わって、大量に出庫できない靴を突然抱える事態になった時、「廃棄するくらいなら、誰かに使ってもらいたい。」と区役所に問い合わせをしたのだ、そうです。

それで区役所がその靴を受け取り、児童養護施設等に寄贈したのだそうです。すると、児童養護施設の代表の方から、「子供たちが、すごく喜んで。本当に、有難いことです。それで、大変勝手なお願いですが、今後も少しでも同様な寄贈をお願いできれば、本当にありがたいのですが・・。」と感謝の言葉と、お願いを貰ったのだそうです。

以来、その寄贈を続けると同時に、フード・バンク活動を含めた、慈善活動を熱心に行うように、なったそうです。

「今、釜山でも、靴の製造は決して順風満帆ではなく、厳しいところも多いのですが、おかげさまで、うちは、かなり先まで、予約で一杯です。」と本当に、晴れ晴れとした表情を、なさっておられました。

一番トップのハレーションがおきている、ダメダメな画質の写真が、寄贈された靴なのですが、この一連の話を聞いていて、通訳であるにも拘らず、心のなかで、訳もなくちょこっと、涙がでてしまいました。

これは韓国にかぎらないことかもしれませんが、少子化のせいもあるかもしれませんし、この厳しい弱肉強食化がより加速している世界のなかで、子供を育てることの大変さは、少しくは理解できるにしても、これ見よがしともいうべき、「うちの子さえ、よければ。」,「他人は、つきとばしても、うちの子に、より美味しいものを、いい服を、いい鞄を、いい習い事を・・。」他者を、一顧だにしない風潮。

そんななか、なんらかの事情で、親のいない子供たちは、それをどんな風に受け止めて、生きていくのだろう。

そんな時、劣化した傷物の汎用品でなく、デザインも、モードも、最新型のブランド品と同等の靴が自分の手にのせられ、自分の足に嵌められ、学校に向かうとき、どんな気持ちになったのだろう。柄にもなく、思ってしまいました。(//△//)※勿論、複数の方相手に、通訳していますので、そんな妄想に浸っている暇は、実際には、ないのですが。

廃棄物処理施設外観。

午後からは、釜山市庁環境科を訪れ、面談し、先にこちらがお願いしたデータ資料も早々にオリジナルに編集作成してお送り下さった、女性の担当者の方が、ご親切にも車でお送りくださって、水営区(スヨン)の釜山環境公団 廃棄物処理施設を、訪れました。

処理施設内1
処理施設内2
処理施設内3

ここに来ると、もう小林先生の独壇場で、教授と言っても、本当に、まだ、お若く,フィールド・ワークを、韓国でも、ソウル・済州島(チェジュ島)で敢行されてきているので、どんどん処理施設の最深部まで、入っていかれる。そして臭気がきつくなってくると、「カンさんは、そこで待っていて、ください。」とご自身は、勇躍、最上部まですいすい上がっていかれました。

それが、終わると、慶州(キョンジュ)への学会への参加のため、お見送りもそこそこに、老圃洞(ノポドン)のバスターミナルへ向かって、風のように駆け抜けて、いらっしゃいました。※先生がなぜこういった、研究・活動に勤しむ所以として、「日本に於ける、”欠食児童”・食べられない子供達の実態を知らせる事と、状況の改善が、あります。」と言われたことは、耳にいまでも、残っています。

行程として、私どもの業務のなかでも、長い時間とはいえない、お仕事でしたが、自分達が住んでいる街(都市)の、なかなか陽のあたらない部分を、民間セクター・公的機関に関係なく、取り組み支えようとしている試みを、国の枠にとらわれず、知らせ、且つ、実践、啓蒙することは、今だからこそ大切だと、痛切に思いましたので、長々と書かせて頂ました。

今回、一環して、釜山市庁のご協力が誠意のあるものであり、その言として、「日本との交流に寄与することであり、且つ、日本はこういう事象に関して、先進地でありますから、自分たちもお話を聞く機会を得て、勉強させて頂たい。」旨のことを、仰っていましたが、これからも、違うようで似ている、似ているようで違う、日韓だからこそ、色々な分野で、意見交換、交流する意義は決して、小さくないと思いました。

 

”釜山に来た夏”なんつって。(=_=;)

先回の更新から、一ヶ月が経ってしまいました。この間、今、現在も、西日本での大雨による大被害で、信じがたい被災の映像が、ここ釜山でも流されております。心より、大切なご家族を、突然亡くされた方、また、これより復旧を進めていかなければならない方々、救助に奔走している全ての方々に、哀悼と状況改善の祈念をさせて頂ます。どうして、こんなに天変地異が、苦しめるのか・・、恨めしさが湧き上がってきてしまいます。冒頭に失礼しました。

”祝”世界遺産登録。鶴・襲来!?梁山(ヤンサン)通度寺(トンドサ)の釈迦生誕祭時の、松林の寺内・遊歩道のディスプレイ 私が、以前「トラベルコ」で紹介させていただいた、拙・紹介記事 通度寺
これも、釈迦生誕祭時の、艶やかな提灯かざり。
参拝する人達を、お出迎えする、小坊主さん、オブジェ。

2018年・7月。釜山も、とうとう夏が到来して、おります。何といっても、福岡の対岸に位置する立地ですので、夏は、それ相当に暑くなります。ですから、まだ涼やかな海風が、ときおり頬をなでる今が、この海の街を散策したり、お寺を参ったり、プチ・グルメをして楽しむには、最高の季節なのかも、しれません。

ブログの更新に、もたついている間に、とうの昔に、統一地方選挙も終わり、釜山も、首長が変わり、これから、どんな政策の変化があるのかわかりませんが、米朝首脳会談の流れから、当面、この東アジア地域を往来する上での、安全性は大分、保証されたと、言えるのではないでしょうか。

その流れに呼応してか、釜山への入航を回避していた、観光クルーズ船・釜山寄港クルーズ紹介1釜山寄港クルーズ紹介2釜山寄港クルーズ紹介3が、回帰してきていたり、金海空港も、新たに、エアプサンが、名古屋・直行便を就航・、札幌便もイースター航空が週3便で新規参入等、主には韓国からの、日本行きのニーズを当て込んで、というところでしょうが、何にしろ、釜山への足が増えて、北海道(函館等)から、金沢、秋田、長崎、瀬戸内、高知などなど、日本周遊の、様々なグレードのクルーズ観光の寄港地として、今の釜山にお越し頂けることは、本当に嬉しい限りです。

海からのプサンへのアプローチは、本当になかなかに、圧巻です。ちょっと、ユーラシア大陸の東の端的な野太さ、山の中腹まで家屋が軒をつらねる光景。手軽なところでは、大阪からのパンスター・クルーズ・などで、お越し頂ければ、日本の瀬戸内の和の風情から、幾多の先人が帆船で望んだ、海の路の気分を、味わえることと思います。

このピンぼけ写真では、よくわかりませんが、広安里大橋の袂の、この場所からも、ナイトクルーズ船を、何隻も、確認できます。
こんな船でも、リーズナブルに、釜山の海辺を辿るシティー・クルーズが、楽しめますよ。

※入り江が多く、ビーチと高層ビルが混在して、釜の山と、いういうように、お碗をふせたような山が連なる景観は、シティ・クルーズにも、うってつけ。観光遊覧船、ヨット・クルーズ、ちょっと贅沢なクルーズ、などなど、海の都市、特有の観光を楽しめます。https://bit.ly/2zqQvom

ところでこの前、常より、推し続けてきた、釜山郊外、 梁山市の通度寺(トンドサ)が、「山寺、韓国の山地僧院」という名目の中の一寺院として、世界遺産に登録されました。

韓国の仏寺というと、度重なる仏教弾圧で、山に篭ったとか、山寺だけが戦禍を免れたとする説がありますが、それだけではないのではないだろうかと、こういう仕事をして、お客様を伴なって、そういった場所を巡るうちに,最近は、つとに思うようになりました。

やはり、韓国にも、日本の修験道や、山岳信仰とは、少し趣きは違いますが、”気”というか、磁場というか、近代化するなかで、迷信として葬りさられようとするも、人間が人間である以上、その生命力を、食べることでの栄養として以外に”必須”な何かを求めて、祈りの場を開場したと、ありきたりですが、思えてならないのです。

釜山から、小一時間、農業も盛んで、山々に囲まれた”密陽” の山中にある、表忠寺.(ピョチュンサ)
連なる山々、渓谷に流れる清流、厳かに流れる読経の響き、”気”というものの存在を、いやがおうにも、感じてしまう。
表忠寺の、仏像さま。

この仕事をさせて頂いて、日本にいた時とは違って、本当に、日本のさまざまなエリアから来られたお客様と、ここを巡らせて頂ました。その中で、巷で喧伝される歴史とは別の、驚くほどに生命力に溢れた人々が、その「生きてきた証・として遺した歴史」に眼を向けさせられる機会に出会い、そういった形で、史跡や遺産を見ると、本当に、眼前の景色に、当時のありさまが彩られるように付与されて、歴史を楽しむ方たちが見ている風景を、垣間見る感覚を、少しくは、分けて頂けた気がしております。

今、売り出し中のスポット、東莱(トンネ)温泉場のカフェ・ストリートにある、静謐な佇まいで、讃岐うどんを供するお店・”夫婦亭”。店名のとおり、誠実な雰囲気を醸す、ご「夫婦」で営まれております。
写真のクオリティが、低くて申し訳ないのですが、日本と韓国のテイストが融合した、本当に落ち着く店内で、喉越しの際立つ、”讃岐”がいただけます。
南浦で、人がとぎれる事なく、繁盛しているロースタリー。韓国の焙煎釜は、ドイツ製がほとんど。プロバット社のマシンが、シティローストで煎っているのが、大勢。

今、釜山でも、過去にもないほどに、ビジネス、観光、知己訪問等、 頻繁に隣町にでもいくように、日本を訪れるようになったことを、証明するように、日本で、うどんを修行して、日本の店の雰囲気を根幹に、本格的な讃岐うどんを提供するお店、また、日本の定食メニューを模して、和陶器を、ふんだんに使って、日本語の店名で、普通に、しょうが焼き定食をだすお店。ロースター・カフェで、煎りたての珈琲を飲み、天然酵母のパンをこぞって買い求める。お風呂を楽しみたい思えば、花崗岩盤層までボーリングして、汲み上げた天然温泉付きのチムジルバンが、市中に幾箇所も遍在している。

そういう訳もあり、ビジネスや、こみいった案件を伴われているお客様にも、休む、食べる、癒す、寛ぐ、を提供できますよう、情報の拡張にも精がでてしまいます。

ビジネスの案件では、翻訳作業、綿密な下調べ、交渉や、資料の把握、代行業務では、頻繁なやりとり、確認。ですから、業務で色々な場所を訪れ会食する機会を多くもつ中で、蓄積(笑)してきた余得を、ここに来て頂くかたと、分かち合いたい。

そこで、この夏季期間。ここに旅に来られる方向けに、下記のプランを行っております。

下のバーナーをクリック願います^^。

 

 

 

 

私どもが、手前味噌ですが自負するのは、本当に多岐に渡る案件にあたらせて、頂いた事により、万遍のない、レアな情報をもたらされる、それいじょうに、業務が介在するので、机上のリサーチだけではなく、色々なかたがたの力添えやご協力、思いがけないご助力がなければ、どんな案件も解決しえないことを、日々、知らしめられていることです。

釜山に来たいなと思われたら、是非とも、お声かけください。(^▽^)/


韓流ファンの方、日本のドラマ好きで、すみません。<(_ _)>ドモ

釜山6月。初夏の幕開けに、ふさわしく、「2018・釜山国際モーターショー」 (•̀ᴗ•́)و

 

見えにくいですが、韓国では、この布の広告が、席捲しています。但し、自由と言っても、選挙広告は、選管に指定されたところに、行われております。

6月も迎えたと思ったら、アッという間に、前半戦が終わろうとしています。メディアでは、米朝の首脳会談のことでたけなわですが、韓国内では全国同時地方選挙(※韓国の歌い・踊る選挙は、一見の価値あり。トロット(트로트・速いリズムの韓国演歌)と、ヒップ・ホップが渾然一体として、候補の番号と名前を連呼します(*゚O゚)。街に張り巡らされる、巨大、布製選挙広告は、まさにお国柄。日本の広告関係や、印刷業態のかたが、見たら、びっくりすることでしょう。※その、自由度に。)

地下鉄2号線べクスコ駅から、会場途中の、モーター・ショウの広告。
同上
コンベンション会場の案内。

 

ところで、私どもが関係のあることとしては、BEXCOで6月8日から本開催される、釜山(プサン)国際モーターショー。2年毎の開催ですが、今年は、最新36モデル、公開されるということです。これまで、当方も、メーカー、日本の自動車専門誌、自動車専門のジャーナリストの方々に帯同して、仕事をさせて頂いて参りましたので、なじみ深いイベントでもあります。

この日は、プレスデーでしたので、嵐の前の静けさ。私どもは、今回、後方支援の中継業務で、会場業務ではありませんが、下見も兼ねて。

3階では、自動車パーツ・メーカーの商用・商談ブースが、設置されております。

日本のスズキの4駆車が、気に入り撮って頂ました。

釜山・BEXCOも、第1会場・第2会場があり、なかなかに整備された、コンベンションですから、以前のように、もっと稼動すればと思っておりましたが、ここでも色々と修行(笑)させてもらいましたので、懐かしい気がしました。なんていっていられず、気合をいれて、GO!!

P,S

業務の合間に、撮った6月8日(金)の、本開催の様子を貼っておきます。

バックに、大画面の映像をあしらって、迫力のある演出が、今回のトレンドのようです。

 

メルセデス・ベンツのブースでは、自動車の歴史を、自社のクラッシックカーを配置して、車に疎い、私のような女性にも、興味の深い展示でした。

 

素人が、業務の合間に、冷や汗かきながら撮った、荒い写真で申し訳ありませんが、車大好きな方なら、勿論、そうじゃないかたでも、楽しめる構成になっているのが、今開催の特徴と思われました。

6月17日までの、ロング・ラン開催なので、近隣のかたは、勿論、釜山圏にお越しの予定のある方は、足をのばされては、いかがでしょうか?

”釜山の祝宴”2018年5月 海運台ビーチの夏シーズンも、すぐそこまで(・`ω・)

              ※リード・ボーカルは、NCデパート2階で、帽子を売っている。
              MCで、確認できた情報がそれだけで、本当に申し訳ないですが、
              韓国ノリのパワフルな演奏で、大変な盛り上がりでした^^。

 

いつのまにか、2018年・5月も最終週。その週末、土曜日。何につけても、海浜観光都市の釜山の夏を、一手に引き受ける(笑)、韓国最大のビーチ・エリア、海運台。本格的な夏シーズン到来、直前に、ちょっと覗いてみました。

本当に、釜山らしい、好天続きの青空で、日差しが照り返すほどながら、吹き抜けていく海風は、まだ涼やかさを残すこの時季。絶好のビーチ・サイドゾーンの散策シーズンでもあります。くしくも、この日は、モンゴル、フィリピン、ロシア、などなど、釜山在住、外国人の方も交えた、国際色豊かなフリーマーケット?が、開催されていて、中国・香港・台湾・東南アジア・またこの日は、多数のアメリカの海兵隊の方々と、そのご家族と思われる観光客が、思い思いに、ビーチでの休日を楽しんでいました。

海運台ビーチは、釜山の数あるビーチの中でも、釜山の、いや、釜山のみならず、韓国経済のパワーを牽引する役目も担っているような、特別な場所で、あります。超大型の投資がされて、高層のビルやホテルが続々と立ち並び、400メートル級タワービル(中国資本)も建設途上と、毎年、毎年、姿・形を変えていっているのですが、こういう手作りのイベントも企画されるようになり、ますます、楽しい、ノーティでヒップなパワースポットに、なっていっているようです。

超高層タワー・ビル 建設途上の図 1
手前、ノボテル・白いのがパラダイス。
この高さ、これなら、よりお分かりでしょうか。 (*゚ロ゚)
うしろのタルマジの丘が、もうよく見えません。

日本も、主要都市のベイ・エリアは、タワー・マンションが立ち並んでいるのでしょうが、私が釜山に戻ってきた当時のまだ牧歌的だった、風情がなりをひそめ、激変する東アジア、東南アジアの潮流にくらいついていこうとする心意気が、何か意味もなく、伝わってきました。

アメリカ人は、やっぱりハンバーガーが、好き?ハンバーガーや、ピザの店は、大繁盛してました。 (人*´ω’*)ィィ

 

サンドアート、結構、風のせいか崩れつつあったり・・つかの間の芸術、それも一興かと。

この広いビーチ一面に、パラソルが立ち並び、沢山のひとが海で遊び、様様な趣向を凝らしたイベントに、日常を忘れるときを過ごす夏は、すぐそこまで。ヾ(*´∀`*)ノ

「対馬までの海を、カヤックで、一人・漕ぎきった」”冒険家”の記憶 (˘灬˘)

海運台、2014年の5月初夏の海。
この写真は、下記の記事と連関性は、ありません。2014年次に、撮ったものでしたので。

このところの釜山は、本当に、良い天気。そして、天気が良ければ、海の街は、旅情をこのうえなく、醸し出して、しまいます。

私のしている仕事は、ビジネスにしろ、韓国に来られた方の、いろいろな用件での同行通訳にしろ、繰り返し、お使い頂くかたは、ございますが、9割の方は、本当に一期一会となってしまいます。初期にご利用下さったお客様には、もう私が通訳したことの記憶も定かではない方も、おられること、でしょう。

私に関しましても、繁忙だった時、閑散期、試行錯誤期、悟り期(´゚д゚`)・・・と、10年を過ぎ越そうとしていますが、そのなかで、ずっと頭の片隅に残っている、できごとが、あります。

それはその時に、自分が一度は、確約した行政との折衝が難航して、ご依頼のクライアントさまの、達成しようという用件ができなかったら、どうしようと、必至だった事もありますが、その事の意味を顧みれば、なんで、地元のメディアに繋ぐなり、なんなり、モニュメントになる刻印を用意して、差し上げられなかったのか、という後悔と、後から知ることになった、苦闘の挑戦の顛末が、悲劇と紙一重のものだったことを知ったときの、戦慄です。

下記のリンクは、ご本人のBLOGと、それを紹介した冒険家仲間の方の、HPです。もうすでに、4年の月日が流れたこの事を、あらためて、今、取り上げるのは、由なく、この冒険家の方がなんで、ノンサポートで、流れのきついといわれる、対馬海峡・西水道(朝鮮海峡)を、日本人でありながら、釜山のヨット・ハーバーから出立したのか、知って頂たかったからです。

https://bit.ly/2rXRRRw

お友達の冒険家が、「五十嵐 やすゆき さんの、単独・ノンサポート対馬海峡・西水道のシー・カヤック横断」を、紹介したページ 

http://yasufreeman.blog53.fc2.com/category18-1.html

冒険家 五十嵐 やすゆき氏 のHP 「旅する写真館」

2014年といえば、セウォル号事件があった年でもあり、その中で個人でのこういった試みに挑む葛藤は、五十嵐さんのBLOGを読んでいただければ、手にとるようにわかります。

当時、韓国側の出航の許可を業務として請負い、それを果たすことだけに、やっきになっていた私は、五十嵐氏の佇まいから、それ相当のトレーニングを積まれた方なことを、体感で判断しましたので、最終的に、出航のてはずが整ったときには、次の業務も控えていたりしたので、お見送りもできませんでした。

大変なことは、わかっていても、本当に、それがどれほどのものか、知るよしも、ありませんでした。その日、五十嵐さんの到着予定時間から、大幅に過ぎても、到着の報がなかったので、さすがに心配でいても立ってもいられなかったのですが、BLOGを読んで、身震いがとまりませんでした。

「カンさん、もし自分の仲間達に、カンさんのこと、紹介しても、宜しいですか?」といわれた時、「こういう業務は、うーん・・。」と曖昧な言葉が口をついて出たのは、どういう心境だったのか、今も、よくはわかりません。

五十嵐さんは、この挑戦を終えたとき、「これで、刺さっていた小骨がようやく、とれた気がする。」という表現をされておられますが、日本に一番近い海の都市が、今年も、海のシーズンを迎えているさまを、眺める時、そして、これまで海を眺めるときに、いつも、心のどこかにひっかかっていた、

この人知れずなされた挑戦を、今回、お伝えすることで、時代は過ぎていっても、国境はあり、いろいろな制約や立場の違いがあり、でも、戦争や断交などということを回避する、最低限度の見識と良識を人知れず、名もない誰かが担保してるからこそ、だれもがその海に、想いを託すことが、できること等。

ところで、皆さんにとっての、冒険とは、何ですか?

チェジュへ向かう、フェリー。

危機回避の韓国&五郎さん、来韓の心は、”酒場放浪記”(・ω・)ノ

5月14日 お客様の到着を待つ間、金海空港にて。昼下がりのこの時間帯は、ちょうど葉境。この後、立て続けに日本からの到着便で、一杯に。

この記事が、アップされている頃は、日本からのクライアントさまと、機器納入先の釜山の会社でアフターフォローと保守業務の通訳で、汗をかいている頃かと思います。工場訪問も、含めて、ビジネス案件の通訳は、朝、早くからの始動になります。

釜山から、1時間余り、密陽(ミリャン)の表忠寺[ピョチュンサ]。農事関連の業務で、何度も行きました。
五六島スカイウォークへの、アプローチ
五六島を巡り、海運台まで、海風が涼やかな、観光遊覧船。

それにしても、麗らかな釜山晴れ(笑)ビーチが、ここそこにある釜山の、暑くも寒くもなく、海風が頬をなでるこの季節、手前みそ、味噌だらけ(1点・(´゚ェ゚))、ですが、本当にたまりません。今回のクライアントさまは、次は、台湾で半導体関連のお仕事が、控えられているそうで、凍頂烏龍・桂花烏龍茶、あー本場で飲みたいと思いながら、今日のお昼は、釜山を忘れないでくださいと、下載のメニューを考えていたのですが、ご宿泊先の、チャガルチ・ホテル・ノアの近くで、鯨を食べれる店を見たので、そこでとの、ご所望。私、実は、初・クジラ。( ゚∀゚)・;’.、ま、とにかく、喜んで頂ければ。

獲れたての、わたり蟹をふんだんに使えるのが、海街・釜山の真骨頂。

ところで、こんな早朝、会社訪問を控えているのに、というか最近、つとに朝早く目が醒めるのです。なんか意味なく、ハイテンションなのです。

今回こそ、日韓を往来する人達の安全が、かなり恒久的な意味で確保されそうな機運が、いっきに高まってきているからです。もとより、本質的には4月27日以前も、以降も、何かが特に変わったことではないのです。韓国・現地で業務をしていて、一気に好況感が広がってとか、そんな風でもとくには、ありません。私の母のように、戦争で江原道(カンウォンド)の生地を追われたような世代の人達が、「北の甘言を鵜呑みにするのか、どんだけひどいことをしたのか・・。」という話が出ても、それは、仕方ないことです。

 

ですが、この相互に人がこれだけ往来する現在に、未だ、70年以上・休戦状態でいらぬ不安や懸念を火種に持ち続けていることが、良い訳がない。この数年、NHKの7時や、9時のニュースで、韓国のTVよりもはるかに高頻度でながす、北のひいては、朝鮮半島を含めた東アジアの脅威論を目にするのは、決して心穏やかことではなかった。そんな懸念が、可能性の問題としてはあっても、毎日、この眼でみている日常とかけはなれ、韓国の人達は用があれば、さっさと当然のように日本に行くのに、日本の方は、現地にはいるのを懸念される。といった日々が、あたり前になってきていたのです。

 

前政権を弾劾した、ソウルで展開されたローソク・デモの時でも、「また、韓国は歴史問題のあとは、デモかと、思われてしまう。」と、日和見にしていたほど、政治に疎い、私。ただ、いつもやるせなく思っていたのは、大きなメディアの特派員の方が、それぞれ、現状をよく知っているはずなのに、況して、きっとその国に友人も、知人も結構いて、仕事では互いに助けあっているはずなのに、ここまでネガティブな側面を伝えなければ、ならないのか。(※報道も、ビジネスだという性格上、実情はそこにいないと、わからないわけですが。)と、いう事でした。

 

でも、4月27日以降、その雲行きも少しずつ変わりつつ、あるような気がしています。たとえば、韓国では、ブランドビールといえば、”アサヒ”というほど、名を成したアサヒ・ビールの記事。https://bit.ly/2GbP6At

ロッテマート光復店のビールコーナーより
1回分のお摘みが、小分けにパックされた、おみやげに、人気の商品。

もう、遠い昔に、友人の誕生日に、サッポロビールを持って行って、「なんだ、アサヒじゃないんだね。」といわれ、「サッポロだって、有名なんだ。(`ェ´)」と、檄した話を書いた記憶が、微かにありますが、NHKの北朝鮮戦争の話が減り、

 

そして決定版は、もう韓国のその界隈では、話題騒然?、話が巡りめぐったと思いますが、台湾から遅れることワンシーズン、遂に、”井の頭五郎”こと、松重 豊さんと、「孤独のグルメ」スタッフが、韓国ロケ敢行の一報。(・∀・)イイ!!

https://bit.ly/2Iit1Gaしかも、ソースはロケ地で松重さんの巨躯を発見した、一般の人のTwitterだとか。

私自身は、日本での生活が長かったので、日本のものを見るのは、当たり前になっていますが、韓国のうら若いOL風情の女の子が、地下鉄やバスのなかで、ワンセグ(韓国では、DMB・衛星、地上波)で何をそんなに真剣にみているんだろうと思って覗くと、この”おじさんが、もくもくと、ご飯を食べるだけ”(笑)の番組だという驚きを、何度、体験したか。日本にいって、孤独のグルメで紹介されたお店の巡礼も、ファンの間では当然といったところだそうですし、五郎さんが、食事代を平均どの位使っているか、とか。ファン達は、韓国に来るのを、いまか、いまかと待ちわびていたのです。

チャガルチ市場 裏手。

日本でも、少なくない人を癒している番組だからこそ、韓国に入るタイミングを計られていたのかと。そのご決断に、心より感謝です、できれば今度こそ、釜山まで、お運び頂ければ・・なんせ、山海の珍味が集い、インフラも刷新されつつあり、韓国第2の400万都市なのに、チャガルチ市場の裏から見渡せば、寅さん映画を、彷彿とさせるような昭和の面影を何か、感じさせる街ですので。

 

ところで、お客様と会社訪問の後、暫く、釜山に来れないので、この1年半余りの、よもやま話を珍しく、どちらともなく、しました。「実は、この取引の話があった時、仕事関係や知り合いには、ことごとく、”今、韓国との取引は、避けたほうがいいんじゃないかな”と、いわれていました。普段は、そんなこと言わない家族、殊に息子なんか”お父さん、今、韓国に入らなくてもいいんじゃないかな、もし、行くんだったら、保険金いっぱいかけて行ってね。”などと、言われてました。自分は、韓国に頻繁に来ていたので、心配はしてませんでしたが、そんな感じでした。」

これまで、一回もそんなこと、口にもしないし、おくびにもださなかった、その方でさえそうだったのですから、他の方々は、いかばかりだったか。きっとそうだったに違いありません。いったい、私はなにを、いいたかったんでしょうか。(-。-;

 

そうそう、そんな中、金海空港に降り立たれて、また帰っていったお客様の後姿。いつも、取引先にいっても、日本人と間違われる、べったり、地元にいるのに、日本から来たと思われてしまう、だけれど、内面は釜山人の気質か、血筋(笑)のなす業か、無頓着・太郎と言われている、私が、本当に心から、私どもを信じて、ひいては、韓国の実情を見極められて来てくださった勇気に、感謝をしておりました。

ところで、韓国ではというか、釜山でも、小料理・割烹風(笑)、或いは居酒屋の店、新規出店といえば、その類の店が驚くほど、増えています。日本に取引先を持っている経営者の方の、ほとんどが、日本にいかれた際、その地の小料理屋ともいうべき、小体なお店での、今まで経験したことののない、日本食の感動の体験を聞かせてくれます。

上載した、知る人ぞ知る、吉田類さんの「酒場放浪記 」ですが、本当に日本の津々浦々に、痺れるほど魅力的で、長い年月、客が吸い寄せられるように、集い通うお店がこれほどあるのかと、そのセレクトにも感動させられるのですが、そればかりでなく、かならず、その街の息遣いも紹介する風土記にもなっていて、唸らされます。

もし、韓国からお客様が来て、どこかに連れていかなきゃならないとしたら、皆さんがいきつけの、地元の珍味を楽しめる上載のようなお店にいかれるのが、最も得策かと思います。※お酒が、呑めればの、話ですが。それにしても、日本文化開放から、18年。今まさに、韓国は、日本のサブ・カルチャーに、ほろ酔いしているのかもしれません。

また、話があさってにむかって、飛んでいっていますが、不意に、前政権が今も続いていたら、それはありえない話ですが、そう思うと身震いがします。色々な奇想天外な話が、表沙汰になる韓国ですが、ある意味、笑われても、表沙汰になり、人達もそれを看過しないでアクションする。そんなことが、韓国を最大の危機から救ったのであるまいか。なんの脈絡なく、思ってしまっています。でも、未来はわかりません。

ただ、とにかく、いつも満がいちだけど、”その時”のことを、どこかで想定しながら、気を張っていた何かからは、開放されて、お客様にも渡韓をお奨めできることの、端的な嬉しさ。

脈絡がないですが、”韓国でもいいよ”と思っていただける方に、これまで以上にお伝えできればと思っています。とにかく、”人の行く裏に道あり花の山”、半分は、ありかもです。

釜山・シドニー化・計画??&世界に遍在するコリアン・タウンΣ(゚Д゚)

 

ここ暫くの、通訳業務で使用した資料。まだ、数は多くありませんが、”自社の商品・商材を韓国”でという新規の会社さまと、釜山圏・ソウル郊外を、廻っております。

ここ暫く、少し雨模様だったりする、釜山。普段、結構、これ位の時季になると、というか、釜山は晴れの日が多い街ですが、その性かどうか、大気の状態がよく、暑くも寒くないので、快適です。

釜山の5月といえば、真赤な薔薇。市中に、赤いバラの花が咲き誇ります。
バラの2

ところで、唐突ですが、釜山には、盛り上がっている訳ではないのですが(笑)釜山、シドニー化、計画というのが、あるんです。

https://bit.ly/2HYlts8

https://bit.ly/2rsN4GO

相変わらず、アドバルーンを揚げる、揚げると、その話がでるたびに思ったものです。そういえば、旧、国際フェリーターミナルのデザインも、オペラハウスを擬していましたから。

シドニーに行かれた事がある方は、チョッとプッとふきだされてしまうかと思いますが、韓国の道程のご他聞にもれず、ターゲットを決めて、とにかく、そこに近づける。

街並みとしての整合性や、日本のような歴史を感じさせる趣としては、違和感があったりするとおもいますが、この10年で釜山の新規の建物のデザインは、概して、新しいものを取り入れようと、頑張ってきた気がします。例えば、影山(ヨンド)の海洋大学に隣接する、海洋博物館の建物と周辺のあしらい等とか※他にも、いいところは、色々ありますが、建築としてhttps://bit.ly/2FWJCti  後、センタム・エリアとか。

また、話が逸れていきそうなので、引き戻しますが、釜山でそういう話がでてきても、それほど不思議じゃない所以(ゆえん)が、あるにはあるのです。

ところで、韓国は、人口が5,000万弱、日本と較べれば、2分の一以下の国です、中国とは言わずもがな。でも、その割には、案外、色々な国で、コリアンタウンがあるのを、ご存知な方も、おられるかもしれません。

例えば、シドニー。私が住んだ20年弱前も、ケンプシー、ストラスフィールドという、かなりの広いエリアで韓国人の居留区があり、まだ、韓国は、ワーホリ協定には入っていない時でありながら、そこにいる留学生達は、着いたその日から在外価格ではない、リーズナブルな価格で韓国食を食べれて、無料の情報誌を見れば、衣食住の情報が、得られたりしたものです。

そして、外国という地がなせるわざなのか、きれいごとだけでは勿論ないですが、ベーシックなところでは、人達が助け合って、困ったときにはかなりの難儀なことでも、手を貸してくれたり、助けてくれたことを、今でも思いだします。

若き日(爆)、NZ・オークランドで、語学学校に在籍時の一枚。

私が居たのは、あとNZでしたが、オセアニアエリアでさえ、日本人と較べてもかなりの数の韓国人、そう、釜山の出身者も少なからずいました。あの若い日、必死で一旗あげて、定住しようとマンリー・ビーチエリアに住みながら、昼・夜働いていた男の子、親に結婚を反対されて駆け落ちして、大変な思いをしながら、シドニーまで辿り着き、才能のある、旦那さんを画家として大成させようと頑張っていたカップル・・。

また、また、脱線。(;^ω^)

そんなこんなで、当方でも、在外韓国人の方、あるいは、在外韓国人の配偶者の日本人の方の、韓国における諸事の懸案解決・対応のサポートも、数は多くはありませんが、請け負わせて頂いたことも、あります。韓国人の海外への流出が、何と言っても加速したのは、朝鮮戦争時な訳ですけれども、恵まれた人が、自国でのステップ・アップの箔づけをするために渡航したのではなく、何の保障や確約されたメリットがある訳ではないのに、慣れない土地で奮闘して、そして時には助け合ってできたのが、世界にあるコリアン・タウン。

釜山の知り合いの社長さんが、どうしてもドイツの製品を扱わなくてはならない事があって、知人のつてでドイツに赴いたわけですが、ドイツ語はおろか、英語もできないその方が、韓国系の人のつてだけで、ビジネス案件をこなしたばかりか、韓国食をとるのが容易だっため体調ひとつ壊さなかったと、何かの折り、聞いたことも、あります。

嘗て、これも仕事上で,samsung社の上役の方が、「うちの社員は、入社1・2年でも、ロシアや中央アジアへも、どんどん行かせる、だから、バイタリティーが鍛えられる。」と自慢していたと、日本の自動車関係の会社のOBで、企業間のエージェントをされているかたから、聞いたのですが、それはその地域のコリアン・タウンや朝鮮族のコミュニィティの、サポートあったればこそなのが、私には手に取るように、想像できました。

つい最近も、シドニー在住の日本人女性の方から、韓国の行政関係の資料の送付を依頼されて、お送りしたのですが、20代後半の女性の方で、きしくもストラスフィールドに住んでいるとのこと。「なかなかに、激務な毎日ですが、元気だす時は地元にある、韓国焼肉の店にいくんです。私、日本にいるときは、全然、韓国と縁なくて、韓国料理もほとんど知りませんでした、ここにきてから始めて食べるようになって、今は、毎日、食べています。友人のコリアンからは、本国に行ったら、もっと安く美味しいものが、いっぱい食べれると聞いているので、早く、韓国に行って食べてみたいです。」※ストラスフィールドの韓国レストランhttp://www.thebulgogi.com.au/

続きを読む

釜山・5月GW真っ只中、秘湯を夢みつつ、”孤独の業務”サブッ☜(◔◞౪◟◔)☞

今日は、5月4日。日本では、ゴールデン・ウィークまっさかり。今時期が、桜の時節を迎えているエリアも、あるので、日本の行楽地は、人人人の波のように、違いありません。韓国は、日本のような連休ではないですし、私どもでは、この日本の連休明けに、お客様がお越しになる予定ですので、この間に、これまでできなかった懸案を、進める機会とばかり、机にむかっておりますが、成果はでることやら・・。(苦笑)

劇的だった、南北首脳会談のあとは、米朝首脳会談も、板門店(パンムンジョン)で開かれる公算が、強いとの話が、流れるなど、オリンピックから韓国の官邸も、休む暇がなく、その舞台の調整に全精力を費やしているようで、少しくは、大きく停滞していた前政権、前々政権の時と比すれば、韓国もやっと少しく未来志向の流れが、本格化している空気が漂い、自分達もより前向きに、仕事をしていく気をもらえている感じです。

ところで、話は前々変わりますが、韓国ではケーブルTVに加入している家が多いのですが、その中で日本のTVの専門チャンネルもあります。私の家では、基本料金のプランでついてくる、チャンネルJに加え、チャンネルWも加入しています。

なぜなら私が見るのは、日本のTVばかりで、日本のドラマを見るのが、好きだからという、単純な理由ですが、殊にチャンネルWでは、リアルタイムに、日本の新しいドラマも、放映しています。「深夜食堂」とか、「孤独のグルメ」は、繰り返し何度も放映するのと、自分も好きなので普通に見ますが、心待ちにしていたのは、なんといっても、「ドクターX」の大門未知子。”私、失敗しないので”というのを、聞くたびに、「フリーランサー」なら、あんなふうに言ってみたいなと、爽快になったものです。ただ、いまだに、シリーズ5を放映していず、見ることができないのが不満。(笑)

その不満を和らげてくれたのが、『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』。シナリオも、キャラクターも面白いのはそれとして、松本潤さんが、逆転の新事実を閃いたあとに、放つ、超寒いおやじギャグを、香川照之さん演ずる上役・弁護士だけが、大受けする、リアクション。これ、結構癖になります。

ぜんぜん、関係ない方向に話は逸れましたが、そんなんで、韓流ネタが少ないのは当ブログの特徴でありますが、私どものクライアントさまは、もちろん、ビジネスで韓国とやりとりする方が大半なのですが、さりげなく、韓流や、K-POPを愛好されているかたもおられ、(※世代も、チャングムから、T-ARAまで。)プライベートで韓国語を習っておられる方もいたりするので、逆に申し訳なく思っている昨今。

とはいえ、日本も韓国も表向きは働き方改革などが、進んでいるようで、そのことは、ここ最近も業務の関係で、よく名を聞いたり、面識のあった日本の会社の方が、突然、立て続けに急逝されたり、韓国のクライアント会社でも、大切な中堅社員の方が亡くなって社長さんが会社をたたみたいと落胆したり、まだ30代の方が病死されたりと、何をどうしても避けて通れない、或いは、避けてはいけない事ですが、民間である以上、その原資をきちんと調達しなければ、すなわち、仕事を創出しなければ、根本的な解決は、でてきません。


私どもも、ご他聞に漏れず、自営業の端くれ。”孤独のグルメ”で、井の頭五郎が、徹夜明けやクライアントの無茶ぶりがあった時にも、自分に言い含めるように、よく漏らす常套句、「自分みたいな稼業は、声がかかるうちが、花。」それと劇中、五郎さんが、よくお客様に言われているのが、「井の頭さんは、評判どおり、仕事がはやい。」 本当に、金言だなと思います。

このブログでも、これまで何度も繰り返してきましたが、今ぐらい韓国の日常が、日本のコンテンツを受け入れている時代は、ないです。

さきに、紹介した、チャンネルWでも、日本の方が、韓国で自営業をして定着させた方々、パン屋さん、ロールケーキの店、飲食店etc、その方達が、「ここまで、もう一回やりなさいと言われれば、ちょっと勘弁してと思うこともいっぱいあったけど、日本だったらこれほど、うまくいかなかったと、思います。」と、共通して話しておられました。私からみれば、その方達の勇気にこそ、拍手ですが、一概に特異な事例とも言い切れません。

なんか、本当に話がとりとめなくなっていますが、なんらかの縁や、閃きで、韓国に眼をむけられた貴方さまの直観は、あながち、悪くないのではと、思います。(^^)

本当は、業務以外で、日本の下記リンクに紹介されているような、日本の鄙びた山の温泉宿で、澄んだ空気をたらふく吸って、かけ流しの温泉で足をのばし、山菜料理に舌鼓を打って「極楽、極楽」などと、のたまいたいところですが、ここに縁があってこられるお客様の、”小さな奇跡”のサポートに立ち会えるような・出会いを膨らませて、この5月も頑張るぞと。(笑)

「日本秘湯を守る会」